オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

固定費を節約しよう!auから格安SIM会社mineo(Aプラン)に乗り換えたときの記録と手順のまとめ。

私は2017年10月にauから格安SIM会社(以下、格安SIM)mineoの3GBプランへ乗り換えをしました。

自宅がauひかりなのでスマホの契約もauにしていたのですが、格安SIM会社の存在を知ってからあまりの安さに驚きmineoに乗り換えました。

それまではauで3GBのプランで月に5,000円前後の支払いをしていたのですが、携帯購入から2年経ち月額が7,500円に変わることをきっかけに格安SIMに変更しました。

  • (乗り換え前)月額7,500円 x 12ヶ月で90,000円
  • (乗り換え後)月額700円 x 12ヶ月で8,400円 ※1年間はキャンペーン適用

※キャンペーン適用期間終了後は月額1,630円で通信費用は年間合計19,560円です。

1年目はキャンペーン適用だったので年間81,600円の節約2年目以降は年間70,440円の節約となってます。

乗り換える前は速度が心配だったのですが特に不便を感じることもなく、私の様子を見ていた夫も3ヶ月後に同じmineoに乗り換えました。

ここではmineoを選んだ理由と、乗り換えるまでの過程や手順を紹介していきます。

トリプルキャリア対応


格安SIM会社という選択

そもそも私は、auやdocomo、Softbankなどの携帯会社以外で携帯の契約ができるということ自体を知りませんでした。

ときどき耳にする『SIMロックフリー』についても『何それ?』と思っていました。

今はだいぶ認知されましたが、当時はそれくらい知りませんでした。

ただ海外へ行くときに『SIMロックフリーの携帯を持っていればSIMカードを買って海外でも使えるらしい』ということは知っていて、海外旅行好きな私は「いいなあ。それ便利そうだなあ」と思っていました。

でもなんだか手続きが面倒臭そうだったので、使い方を調べたりはしませんでした。

格安SIMって何?

携帯電話を利用するためには、一般的には、au、docomo、Softbankの3社のどちらかで契約します。この携帯会社のことをキャリアと呼びます。

キャリア以外に『SIMカード』を使って格安なサービスを提供する企業も存在します。それが格安SIM会社と呼ばれます。省略形でMVNOとも呼ばれます。

>> 価格.com 格安SIM(MVNO)とは?初心者向け選び方ガイドQ&A

格安SIMを知ったきっかけは新iPhone の発売

私が使っていた携帯は2015年10月に購入したiPhone 6sです。

格安SIMの存在を知った頃はちょうど契約が2年になるところで、2年後以降は月々の携帯割りが終了して現状の5000円前後から約2500円アップの約7,500円になるということを知りました。

月々のスマホ代が7,500円って高いですよね。毎月かかる高い固定費をどうにか安くしたいと思いました。

それなら最新機種に機種変更したほうがむしろお得なのではないかと思い、ネットで新しいiPhoneのことを調べていました。

その過程でいくつか目に入ってきたキーワードが『格安SIM会社』『乗り換えて月々の料金が安くなった』などの体験談&レビュー記事で、格安SIMのことを知ったきっかけでした。

格安SIMについてリサーチ

新しいiPhoneよりも格安SIMのことが気になり始めてリサーチしました。

ランキングを見たり詳細を調べて概要がわかりました。
  • 格安SIMによっては速度に不満が出る場合があるらしい
  • 回線は各キャリアの回線を使うらしい
  • 料金が安い分、サービスは簡易らしい
  • LINEを使っている場合は、移行が大変らしい(私は使ってない)

概要がわかったところでSNS経由(友人限定)でコメントを発信したら、既に格安SIMに乗り換えている友人たちがいました。

友人たちが使っているのは、IIJmio、ymobile、Freetelだったので、この格安SIMをランキングで比較したり(現状とランキングの差がどれくらいあるのか)内容を見て行くうちに、少しずつ違いがわかってきました。

  • 格安SIM会社によって速度が異なる
  • サービスの内容が異なる(サポート、通信量など)
  • 料金

各社の違いがおおまかにわかったところで、自分の現状と比較してみました。

自分が使っている携帯プランの現状を知る

申込時や見直し時にはちゃんと把握していたはずだった携帯プランですが、長く使っていると料金は自動引き落としだし、なんとなく忘れていた内容を改めて確認しました。

私は契約がauだったので、アプリのmy auから調べました。

  • 契約プランを知る→3GBプラン
  • 月々かかっている料金と使用通信量を知る→月々5,000円前後、2〜3GB程度

現状がわかった時点でそれに合う格安SIMを調べて、最終的に絞り込んだのがUQ Mobileとmineoの2社でした。

>> 価格コムの格安SIMランキングを見る

mineoを選んだ決め手は「速度」「mineo利用者同士で容量を分け与える制度があること」この2つです。

auから格安SIM会社に乗り換える際に気をつける点があります。

  • 2015年5月以前に発売されたスマホを継続して使う場合はau回線のみ
  • 2015年5月以降発売のスマホはSIMロック解除すればau回線以外も選べる
キャリアから端末を購入した場合はSIMロック解除までの待機期間があるので注意です。※契約内容をご確認ください。

>> auオフィシャルサイト – SIMロック解除手続き

格安SIM会社に乗り換えるメリットとデメリット

格安SIM会社に乗り換えるメリット

格安SIM会社に乗り換えるメリットは3つです。

  • 月額料金が安くなる
  • 使っているスマホがそのまま使える
  • 契約に縛られない
月額料金が安くなる(固定費を安く抑えられる)のは何よりも大きいです!

これまで縛られていたキャリアの契約も気にすることなく、いつでも好きなときに(最初の1年間は契約解除すると手数料がかかりますが)好きな機種に替えられることも嬉しいです。

オット

今までは2年経つと月額料金がさらに高くなるから機種変更するかどうかを迷っていたけど、今は使っているスマホを好きなだけ長く使えるから節約にもなるぜ。

格安SIM会社に乗り換えるデメリット

格安SIM会社に乗り換えるデメリットはいくつかあります。

  • キャリアメールが使えなくなる
  • 解約時期によっては違約金がかかる(1万円くらい)
  • 手数料がかかる(auとmineoそれぞれで3000円くらい)
  • 通話が多い場合は月額料金が高くなる
  • 手厚い窓口サービスが受けれなくなる
でもこのデメリットのいくつかは下記で代用できます。
  • キャリアメールの代わりにフリーメールで統一(私はGmail)→アプリで管理できるのでむしろ便利
  • LINEなどの通話アプリを使用する(私はSkype/Viberも同時に使用)
  • 違約金や手数料は月額料金の安さでカバーできる
  • チャットサービスで気軽にサポートを受けれる
窓口で手厚くサービスを受けたいという方には格安SIM会社は向かないかもしれません。

mineoのサポートはチャットサービスがあるので、私自身は窓口で待たされるよりも時間の節約にもなり自宅でも気軽に問合せができるチャットサービスのほうが自分には合っています。

心配だったのは通信速度だけでしたが、今までと大きな違い感じられませんでした。※スマホの使い方もあるので個人差があると思います。

私は乗り換えが携帯の契約期間外だったため違約金が発生しましたが、それでも月々の料金は安いからすぐに取り戻せたし、月々の料金の差を年間で計算すると数万円の差が出てくるので、乗り換えてよかったです!

この差額分を他のことに使えると思ったら、ちょっと、いやかなり嬉しい。だって数万円ですよ!かなり大きいです。旅行費用の足しにするか、カメラのレンズを買うか、考えるだけでワクワクします。




乗り換え前と乗り換え後の料金の差

私はmineoの3GBプラン(auプラン)に変更しましたが、月額料金に大きな差が!
  • 乗り換え前:月々約5,000円前後、最新機種購入の2年後以降は約7,500円
  • 乗り換え後:月々1,600円(1年間は700円 ※キャンペーン適用)
  • 差額:月々約4,300円、1年で約51,600円(2年後以降は約81,600円)

携帯割りがなくなる2年以降は月額料金が高くなるので、乗り換えた後の差額が年間約81,600円あるということになります。

もし2年経った後も最新機種に変更するなら月額料金は約5,000円前後になるのですが、それでも年間では約51,600円の差があるということに!

格安SIM会社 mineo を選んだ理由

サービスが充実している

私がmineoを選んだのは、料金の安さとサービス内容が充実していることが決め手でした。

たくさんの比較サイトに比較結果があるのでここでは比較内容は書きませんが、速度で選ぶならUQ Mobileが断然速いという評判で、サービスとプランの多さで選ぶならmineoが評判がいいです

安くてサービスも充実

 

私は自分の現状が、動画はあまり見ないし通信量もそんなに多くないので、サービス内容の充実と料金の安さでmineoの3GBプランを選びました。

  • サービスが充実している
  • プランが多くて選びやすい
  • パケットを分け合える制度がある(通信量が不足したらもらえる)
  • サポートとしてチャットサービスがある

※どうしても直接サポートを受けたいという場合は店舗もあります。

もし通信量が足りなくなったときは、フリータンクというサービスから無料でパケットをもらえるし家族や友人同士でパケットを分け与えることもできます。

オット

オレは6GBプランだけど足りなくなったらツマから分けてもらってる。

パケット残量をマイページから確認できる

サイト上またはアプリでパケット残量を確認したり、プレゼントするときもワンクリックで送ることができるので便利でわかりやすいです。

mineoのマイページサンプル

auから格安SIM会社「mineo」に乗り換えるまでの手順

mineoに決めてからは、早速手続きを・・・と思ったのですが、そう思ったのが月初めだったため、auは日割り計算での精算がないので、月の半ば(16日)まで待ってからMNPの番号を取得しました。

乗り換えるまでの諸手続きや手順は以下の通りです。

  1. auポイントをウォレットに移行する
  2. メールアドレス変更の連絡をする→私はGmailに統一。
  3. SIMロックを解除する(窓口は手数料が3,000円かかるので無料のネットがオススメ)
  4. MNPを取得する(月の半ばくらいがオススメ)
  5. mineoに申し込みをする(4.と同日がよい)
  6. 書類とSIMカードが届いたら切替を行う
  7. 乗り換え完了!

SIMロック解除のお手続き(auのサイトへ)

auから格安SIM会社mineo(Aプラン)に乗り換えたときの記録と手順のまとめ

私自身は格安SIM会社に乗り換えて数年が経ちますが、乗り換えてよかったです。

節約をするには固定費を抑えることが一番大きいので、スマホ代が約7,500円かかっていたのが1,620円になるのは年間で考えると大きな額になります。

格安SIM会社にしたことでSIMロック解除し、海外でもSIMを買って利用できることも大きなポイントでした。

スペインでSIMカードを購入して使うまでのまとめ。mineo / iPhoneユーザーがスペイン・マドリードでプリペイドSIMカードを購入したときの手順や設定について フランスでSIMカードを購入mineo / iPhoneユーザーがフランスでプリペイドSIMカードを購入したときの手順や設定、帰国後の再設定について

機種変更をするときはアップルストアでSIMフリーiPhoneを購入またはSIMフリー解除された中古のiPhoneを購入して手続きをします。

2019年2月にiPhone Xsに機種変更しました。
mineo利用でiPhone機種変更手順mineo(au)利用でiPhone 6sからiPhone Xsに機種変更するときの手順と【連絡先とLINEのトーク履歴】バックアップの方法

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

 

トリプルキャリア対応


2 Comments

アバター Shane

tamamimさん、こんばんは^^
こちらでコメントしてみることにしました(笑)

SIMフリーにすると随分安いのですね!
この記事は、手続きの仕方が分かりやすくていいですね!

でも、僕の場合、身内がauの代理店に勤めているので、今の契約を延長するかもですが、変える場合は参考にさせて頂こうと思います~

返信する
アバター tamami

>Shaneさん
わっ、こちらにコメントありがとうございます。嬉しいです!
SIMフリーにするとこんなに料金に差があると思わず、私も驚きました。
忘れないうちに記事にしてみました(^^)。

身内の方がauの代理店にお勤めなら乗り換えはなかなかやりづらいかと思います。速度はauのままのほうが速いと思いますよ!(^^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください