春から初夏にかけてのおすすめフランス

フランス南西部にある黒ワインの産地&薔薇が印象的な街カオール(Cahors)でフォアグラと遊覧船観光を楽しむ!ロット川から眺める景色が美しい

カオール(Cahors)の遊覧船

私がフランス南西部のカオール(Cahors)へ行ったのは6月でした。

カオールといえば有名なのは黒いワイン。

ヴァン・ノワール(黒いワイン)の名で長年親しまれている赤ワインの名産地がカオールです。

カオールは他にも訪れる理由があります。

カオールCahors)はフランス南部、オクシタニー地域圏の都市である。ロット県の県庁所在地で市内にはロット川が流れている。市内のサン=テチエンヌ大聖堂とロット川にかかるヴァラントレ橋は世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として登録されている。Wikipediaより

世界遺産に登録されている建築物があるということは、実は日本に戻ってから知りました。ちゃんと調べて事前にわかっていたらサン=エチエンヌ大聖堂も見ておきたかったです。

私がカオールへ行くことを選んだのはカオールとフィジャックを結ぶバス路線でサンシルラポピーへ行きたかったからなのですが、カオールは黒ワインとフォアグラが美味しいとフランスに詳しい友人から聞いたことが決め手でした。

サンシルラポピーおとぎ話の世界へ!南西部にある美しい村サン・シル・ラポピー(Saint-cirq-Lapopie)への行き方

でも実際にカオールへ行って最も印象的だったのは、街のあらゆるところで薔薇の花が美しく咲いていたこと。

カオール

行く先々で色とりどりの薔薇の花が咲いていてきれいでした!

ここではカオールの見どころを紹介していきます。

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

薔薇が印象的な街カオール(Cahors)を散策する

カオールはロット川に周囲を囲まれ、小さな半島のような形になっています。

カオールの街MAP

  1. カオール駅(Gare de Cahors)
  2. ホテル テルミヌス(Hotel Terminus)
  3. ヴァラントレ橋(Pont Valentre)
  4. サン・エチエンヌ大聖堂
  5. おすすめレストラン(Auberge du Vieux Cahors)

カオールへ行ったら抑えておきたいのは「ロット川遊覧船」「ヴァラントレ橋」です。※次に行くなら私は「サン・エチエンヌ大聖堂」も見ておきたいです。

私がカオールへ行ったのは月曜日だったので(月曜はほとんどのお店がお休みになります)街全体が静かでお店もクローズ、黒いワインを買うことはできませんでした。

※黒いワインをお土産に買って帰りたい場合は月曜は避けたほうがいいです。

ヴァラントレ橋

ヴァラントレ橋は14世紀に70年かけて造られた橋です。

ヴァラントレ橋

このヴァラントレ橋、佇まいも色合いも本当に美しいです。

要塞化された橋の中ではヨーロッパで最も美しいと言われています。

ヴァラントレ橋

私がこれまで見てきたヨーロッパの橋で美しいと思った橋が3つあるのですが、スイスのルツェルンのカペル橋と同じくらい惹かれるものがありました。

  • スイス / ルツェルンのカペル橋(ヨーロッパで最も古い木造橋)
  • カオールのヴァラントレ橋
  • アヴィニョンのサン・ベネゼ橋
アヴィニョン街の見どころと近郊の観光地のまとめ図解で紹介!南仏プロヴァンスの拠点アヴィニョンの基本情報と観光スポット&周辺の観光地まとめ

ヴァラントレ橋は1308年から70年かけて造られた、6つのゴシック様式のアーチと3つの塔を持つ橋です。Wikipediaより

橋の上から眺めた景色も私は好きです。

ヴァラントレ橋からの眺め

橋の先がどうなっているのか気になり橋を渡って向こう岸まで行ってみました。

ヴァラントレ橋を渡った向こう側の岸

小さな雰囲気のある小道を歩いて、向こう岸から見たヴァラントレ橋も美しかったです。

ヴァラントレ橋

ヴァラントレ橋のふもとにはワイン畑やバラ園もあり、どこを見ても絵になる景色があります。

ヴァラントレ橋周辺

  • ヴァラントレ橋(Pont Valentré)

薔薇が印象的なカオールの街を歩く

小さな街ですがサンティエンヌ大聖堂がある旧市街のあたりは街並みもかわいくて、私が訪れた6月はあらゆるところで薔薇が見られました!

薔薇が印象的なカオールの街

ロット川の湖畔の景色とカオールの旧市街の風景など、小さいながらもかわいさがぎゅっと詰まったカオールの街は散策が楽しいです。

ロット川の遊覧船

長野県でシェフをしていて年に2度ワインの仕入れにフランスへ行く知人が、ロット川遊覧船がなかなかいいよというので乗ってみました。

ロット川の遊覧船

正直なところ街の散策も終わり何もすることがなくなったので乗ってみたのですが、これが思った以上によかったです!ロット川遊覧船はカオールの美しい景色を川から眺められるところがいいです。

ロット川遊覧船はそれほど大きなボートではないのですが、その理由は乗っているとわかります。狭い水路を通る箇所があるのですが、そこが狭くて通るにはギリギリの大きさでした。

遊覧船から眺めたカオールの街と周囲の丘陵もきれいでした。

違う目線で街並みを眺められるところがよかったです。

  • Les Bateaux Safaraid(レ・バトー・サファレ)
  • 料金:9.50ユーロ(2013年6月時点)

あとで見返した遊覧船からの写真に、私が見損ねたサンティエンヌ大聖堂も写っていました(笑)。

ディナーはフォアグラがおすすめのオーベルジュで

私が宿泊したホテルはミシュランガイドにも掲載されているレストランで、友人からも勧められていたので当初はホテルで夕食を食べる予定にしていました。

フランス南西部にある薔薇の町カオール(Cahors)に泊まるなら駅前の【Hotel Terminus】がおすすめ!雰囲気のある邸宅で併設レストランはミシュランガイド掲載

事前にあまり調べずに行ったので月曜がお休みだと知らず、夕食はホテルから勧められた旧市街のロット川湖畔近くにあるオーベルジュへ行きました。

ホテルの方に描いてもらった地図を参考にしながら旧市街を歩いていたその角にありました。

Auberge du Vieux Cahors

L'auberge du vieux Cahors

L'auberge du vieux Cahors

佇まいも美しいオーベルジュ。

開店は19時からなんですが少し前に到着した私は周辺をうろうろ。

私と同じように開店前にレストランの前で待ち構えているおじいさんがいたので(笑)私も堂々とお店の前で待って開店と同時に入りました。

L'auberge du vieux Cahorsのフォアグラ

L'auberge du vieux Cahorsの鴨のコンフィ

L'auberge du vieux Cahorsのデザート

  • アペリティフにシャンパンをグラス1杯
  • フォアグラ
  • 鴨のコンフィ
  • デザート(なんだか忘れました。。)

美味しくていい気分になってしまって、どれだけの料金だったのか手帳にメモを取っていませんでした。。でも良心的なお値段だったと思います。

私より先に入ったおじいさんをちらりと見たら、地元の黒ワインを美味しそうに堪能していました。

後から考えたらカオールは黒ワインの産地なので黒ワインにすればよかった。。。と後悔しました。

>> Tripadvisorで口コミを読む

  • Auberge du Vieux Cahors
  • 144 Rue Saint-Urcisse, 46000 Cahors, フランス

薔薇が印象的な街カオール(Cahors)まとめ

薔薇が印象的な黒ワインの産地カオールを紹介しました。

個人的にはロット川遊覧船がおすすめです。

フランス南西部カオール

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

サンシルラポピーフランス南西部Toulouseを拠点に行く!ルルド・カオール・サンシルラポピー・カルカッソンヌ【女性ひとり旅】旅行日程まとめ フランス南西部の村 St-Antonnieフォアグラの産地フランス南西部には魅力がいっぱい!まるでおとぎの国の世界に迷い込んだかのような村が集結!

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください