zoom使い方まとめ

旅行キャンセル保険って?どんな場合に請求できるのか、コロナウィルスによる影響でキャンセルした旅行の保険を実際に請求した事例を紹介 *サンプル付き

旅行キャンセル補償の請求書き方サンプル

私は2020年4月半ばから約半月の予定でフランスへ行く予定にしていました。

コロナウイルスの感染拡大による影響で海外渡航が自粛となり、ヨーロッパでも各国からの入国が規制されたため渡航は中止しました。

コロナウィルス(Covid-19)が中国で発生したというニュースは2020年1月半ばくらいから報道され始めて、その頃はまさか4月の旅行に影響が出るとは思っていませんでした。

コロナウィルスによる影響のため海外旅行への対策2020年1月に中国で発生したコロナウイルス(Covid-19)による新型肺炎の影響で海外旅行にどう影響があったのか?対策の記録とまとめ

私たちは3月8日にジェイアイ火災保険(tabiho)の海外旅行傷害保険【旅行キャンセル補償】に加入しました。

その時点では外務省が発表するフランスを含む欧州への渡航はレベル2(不要不急の渡航は止めてください)でした。

※これまでフランスは過去にレベル3になったことはなく、【旅行キャンセル補償】補償が適用されるのは感染症の場合はレベル3以上のみです。

万が一のために【旅行キャンセル補償】に入ったのですが、まさか保険に入っていてよかったということになるとは思ってもいませんでした。

オット

「入って無駄だった」って思いたかった…。
  • 3/8 海外旅行傷害保険加入
  • 3/16 マクロン大統領がEUと非EUとの国境間の出入りを禁止すると発表
  • 3/25 外務省が欧州(フランス含む)への渡航レベルを3に引き上げ

コロナウィルスが想定以上に世界中で感染拡大となり、ヨーロッパを含む世界各国が自国以外の入国制限を行い日本もフランスへの渡航をレベル3に引き上げました。

ここでは海外旅行傷害保険【旅行キャンセル補償】が適用される条件と、請求方法について実例をもとに紹介します。

海外旅行傷害保険の【旅行キャンセル補償】【旅行変更費用補償】とは?

旅行キャンセル補償とは?保険請求できるのはどんな場合?

「旅行キャンセル補償」や「旅行変更補償」と各保険会社によって名称が少し異なったりしますが、いくつかの保険会社で海外旅行傷害保険にセットで付けることが可能です。※単独で加入はできません。

保険請求できるのは以下の場合です。
  • 死亡・危篤した時(3親等までの家族)
  • ケガや病気で入院した時(所定の期間あり)
  • 遭難
  • 救助
  • 火災・台風・災害などで所定の金額の被害があった時
  • 裁判で呼び出しされた時
  • 渡航先で地震・テロ行為等があった時
  • 官公署の命令、外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられた時
  • 日本政府より避難指示があった時

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

旅行変更費用補償海外旅行傷害保険にある【旅行変更費用補償】【旅行キャンセル費用補償】とは?ウイルス流行など突然の旅行キャンセル(渡航中止・入国制限)に備える

感染症(コロナウィルス)で保険請求できる場合

今回のコロナウィルスに関しては【官公署の命令、外国の出入国規制または感染症による隔離が発せられたとき】に該当します。

  • 外務省から通知の渡航がレベル3以上になった場合
  • 行き先の国(今回はフランス)から入国禁止になった場合
気をつけないといけないのは保険加入時にレベル3になっていた場合は適用されないという点です。※私たちが加入した時点ではレベル2でした。

外務省ホームページを確認する

私たちが実際に請求した渡航費用の詳細と請求できるもの

私たちは海外旅行へ行くときは航空券とホテルを別々で個人で手配しています。今回は以下のように手配していました。

  • KLMオランダ航空 / エールフランス航空利用の航空券(直接予約)
  • ホテルはブッキングコムで手配
  • レンタカー

コロナウィルス感染拡大の影響で各航空会社もそれぞれに対応方法を出していて、KLMオランダ航空/エールフランス航空はキャンセル返金不可で買ったチケットでもバウチャー(1年有効)への変更(1年以内に使用しなければ返金)措置をとりました。

コロナウィルスに関するエールフランス航空の措置

▲2020年3月24日に更新されていた内容

返金不可で予約していたホテル以外はキャンセル料がかかる期間前だったので、キャンセル料はかからずに済んだものもありました。

キャンセル補償は上限20万円で加入していたので、20万円までの補償請求が可能です。

私たちは返金不可で予約したホテルと、バウチャーへ変更されなかった払い戻し不可の諸費用を保険会社へ請求しました。

  • バウチャーに変更されなかった返金不可の分(航空券)
  • 返金不可で予約したホテル代

オット

2人合わせて10万円くらい戻ってくるので入っていてよかった。
旅行に出発する前だったので、旅行キャンセル補償以外の保険金も払い戻されることになりました。

海外旅行傷害保険【旅行キャンセル補償】の請求方法

保険会社から指示のあった提出する書類は4つです。

  • 保険金請求書(保険会社から送付のもの)※1人1枚ずつ。
  • 取消料の金額が確認できる書類原本(領収書、明細書、内訳書等)
  • 旅行内容の確認ができる書類(旅行手配内容、旅行者の氏名2名分が記載されたもの)
  • 旅行先がフランスであることが確認できる書類
私たちは以下の6つの書類を送りました。
  • 保険金請求書
  • 航空会社発行のトラベルバウチャー
  • もともと手配していた航空券のE-ticket
  • 航空券の振込明細書
  • 返金不可と書かれた箇所があるブッキングコムの予約記録
  • ホテルの引き落とし明細のコピー

書き方のサンプル(保険金請求書)

旅行キャンセル補償の請求書き方サンプル

  1. 請求者情報
  2. 振込先情報

旅行キャンセル補償の請求書き方サンプル

送付後は以下の流れで振込が行われました。

  • 4/15に書類を郵送(神奈川県→埼玉県)
  • 4/17に保険部門からキャンセル補償以外の払い戻しのご連絡
  • 4/20にキャンセル補償部門から4/21に入金予定のご連絡

海外旅行傷害保険の【旅行キャンセル補償】【旅行変更費用補償】とは?まとめ

海外旅行傷害保険の【旅行キャンセル補償】がどんな時に請求可能なのか、請求書の送り方について紹介しました。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

早くコロナが終息して旅に行けることを切に願うばかりです。

旅行変更費用補償海外旅行傷害保険にある【旅行変更費用補償】【旅行キャンセル費用補償】とは?ウイルス流行など突然の旅行キャンセル(渡航中止・入国制限)に備える 海外旅行傷害保険で高い補償に入る航空券とホテルを単独で手配しているトラベラーが海外旅行傷害保険の高額補償プランに加入したいときは?申込み方法を実体験から紹介 海外旅行傷害保険は保険会社の保険がオススメの理由海外旅行傷害保険はクレジットカード付帯保険よりも単体で加入するほうが安心!の理由と補償内容を選ぶポイントを実例から紹介 海外旅行傷害保険20ヶ国以上海外旅行へ行っているトラベラー実録!海外旅行傷害保険に入っていてよかった事例と請求例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください