Apple Watchでできることまとめ

国際線の機内持ち込みに最適なスーツケースは40㍑が最大でベスト!ACEのPROTECA MAXPASSが丈夫で軽くておすすめ!

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

国内出張の多い夫が仕事用のキャリーケースを探していて、機内持ち込みOKのハードキャリーケースを購入しました。

仕事用に探した基準は3つです。

  • 見た目がビジネス仕様且つプライベートでも使える
  • 大きさ(機内持ち込みサイズぎりぎりMAXがいい)
  • 使い勝手がいい

結論から言うと、夫はACE(エース)のMAXPASS H2sを購入しました。

機内持ち込みスーツケース比較

機内持ち込み手荷物は3辺の大きさが115cm以内と定められています。

国内線機内持ち込み規定サイズ
3辺の合計3辺の内訳合計重量
100席以上の航空機115cm以内55cm以内 x 40cm以内 x 25cm以内10kgまで
100席以下の航空機110cm以内45cm以内 x 35cm以内 x 20cm以内10kgまで

夫はACEのPROTECA MAXPASS シリーズをしばらく前から検討していて、その中でMAXPASS H2sに決めた理由は機内持ち込みサイズぎりぎりMAXだという点です。

機内持ち込みサイズは小さいイメージがありますが荷物を選別すれば1〜3泊くらいまでは対応できます。出張で考えたら1〜2泊の着替えと仕事に必要なPCや周辺機器など、入る大きさを考えたら40㍑はほしいところです。

泊数に対する容量の目安
1〜2泊2〜3泊4泊〜10日程度2週間以上
〜30㍑〜40㍑〜80㍑81㍑〜

✔︎本記事の内容

ここでは夫が購入した、国内外機内持ち込みOKのハードキャリーケースPROTECA MAXPASS H2sをレビューします。

軽くて丈夫で機内持ち込みMAXサイズ

ACE(エース)PROTECA MAXPASSを選んだ理由

機内持ち込みスーツケースのMAXは40㍑

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

国際線と国内線100席以上の飛行機では機内持ち込みスーツケースには規定サイズが定められています。

  • 3辺合計が115cm以内(高さ55cm以内、幅40cm以内、奥行き25cm以内)
  • 総重量は10kg以内
  • 100席以上の国内線、国際線で持ち込み可能なサイズ

ACE(エース)のホームページ で製品全てをチェックしたら機内持ち込みサイズのMAXは40㍑で、拡張タイプを選べば42㍑になるものもあるということがわかりました。

オット

容量は少しでも大きい方がいいけどパッと見てデザインが好きなのはMAXPASS H2sだったんだよね。2㍑くらいの差ならいいと思って拡張タイプは候補から外したぜ。

キャリーケースを選ぶ上でのチェックポイント

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

私たちは実際にACE(エース)販売店へ行って実物を見て決めましたが、購入する上でチェックしたのは主に2点です。

  • 大きさと軽さ
  • 万が一壊れた時の対応

大きさに関しては40㍑が機内持ち込みサイズの最大なのでいいとして(重さも3.3kgとハードキャリーのわりには軽い)、気になる点は壊れた時の対応でした。

仕様頻度が増すにつれて壊れる可能性が高い箇所は車輪です。

オット

今まで使っていたサムソナイトのソフトキャリーケース(機内持ち込みタイプ)の車輪が壊れた時に、部品が日本にないから修理ができないと言われて困ったことがあったんだよね。

スーツケースの車輪が壊れた場合は車輪だけでなく接続部分ごと取り替える必要があるため、一般的な修理代は1箇所につき3000円〜4000円の費用がかかります。

  • カスタマーセンターへ直送するか(有料)、販売店に直接持っていく
  • 車輪の修理には1箇所に付き3,000円〜4,000円程度かかる(或いは車輪1箇所ではなくひとまとめとして修理する必要がある場合もある)

ACE(エース)は国内の会社なので部品もどうにかなりそうということが、購入の決め手になりました。

スーツケースといえばこれ!のサムソナイトは大手メーカーで素材も作りもいいですが、アメリカに本社がある会社なので部品の取り寄せなど時間がかかる場合もあります。

旅行中に破損した場合は旅行保険で修理費用をカバーできます。事例については以下の記事も参考にしてみてください。
海外旅行傷害保険20ヶ国以上海外旅行へ行っているトラベラー実録!海外旅行傷害保険に入っていてよかった事例と請求例

Made in Japanなので素材や作りに安心感がある

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

スーツケースに使われている素材は大きく分けると4つのタイプがあり、それぞれの素材には特徴があります。

素材特徴デメリット
ABS樹脂・強度が高い
・中身の保護は抜群
・重い
ポリカーボネート・強度が高く柔軟性がある
・軽量
・へこむ(戻る)
・価格が高い
ABS樹脂+ポリカーボネート・強度と重さのバランスがいい
アルミニウム合金・強度や耐久性は抜群にいい
・長く使える
・重い
・価格が高い
現在の主流はポリカーボネートとABS樹脂の混合タイプで、購入したMAXPASS H2sも混合タイプです。

MAXPASS H2sの仕様

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

MAXPASS H2sの仕様

MAXPASS H2sのつくりはシンプルです。

片側はジッパー付きの収納、メイン収納は衣類などを抑えるゴムバンド付き

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

片側はジップで収納できるようになっているので、細かい小物などを入れるのに使いやすいです。

ジッパー部分の片側は、前面が収納になっている分だけ深さは浅いです。それでもしっかり収納できるのは嬉しい。

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

Made in Japanだけあって素材がよく全体的に作りも丁寧で、高級感がある点も気に入りました。

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

スーツケース外側の前面にもポケットがあり、13インチまでのノートパソコンや細かいものを収納できるところがビジネスマンには嬉しい仕様になっています。

PCや小物を収納できる前面ポケットがある

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

下のポケットにPC、上の小物にはケーブルやスマホ・文具などを収納できます。

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

ロックはダイヤルとTSAロック

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

機内持ち込みスーツケースで探していたのであまり関係ないですが、TSAロック対応になっています。メイン収納と前面収納の両側にロックがついています。

TSAロックについてはエースの以下のページの説明がわかりやすいので参考にしてみてください。

TSAロックの使い方

アメリカ合衆国領土で旅客機に搭乗手続きする際、手荷物または預け入れ荷物は通常は空港警備の一環として電磁的スクリーニング検査(X線透視検査)を行うが、運輸保安庁係官が中身を直接目視検査する場合もありうるため一切施錠しないことが求められている。

施錠された荷物については、運輸保安庁係官が錠機構を破壊することを認められており、破壊されたり内容物の盗難があったりしても損害補償は一切ない。

しかしTSAロック機能が装備された荷物・錠前等は、持ち主が自分の鍵で施錠してあっても、運輸保安庁係官が専用の合鍵を用いて随意荷物を抜き取り開錠し荷物を検査することが出来る。そのため、米国領土(グアム、サイパン等も含む)から出航する航空機への預け入れ時にも施錠して渡すことが出来る。Wikipediaより

ただTSAロックは完全というわけではなくTSAロックを使っていても壊されたなどのトラブルが起きている事例もあります。私はアメリカへ出張で行った時はTSAロックではないスーツケースを利用して鍵はロックせず、スーツケースベルトで固定して預けました。

比較検討した他のシリーズ

ACE(エース)のMAXPASS H2sを購入するまでに比較した他のスーツケースは5つありました。

容量サイズ素材重さ
MAXPASS Biz *横タイプ37H49xW35xD25cmポリカーボネート・ABS樹脂4.0kg
MAXPASS Bizスマート *横タイプ/バッテリー搭載36H49xW35xD25cmポリカーボネート・ABS樹脂4.2kg
MAXPASS スマート *バッテリー搭載(縦長タイプ)39H51×W39×D25cmポリカーボネート・ABS樹脂3.5kg
Z.N.Y.34→41H54×W35×D25/29cmABS樹脂3.3kg
DPキャビンワン最大43H55×W39×D21/25cmポリカーボネート3.0kg

オット

唯一迷ったのが同じMAXPASSの横にしたタイプ(MAXPASS Biz)なんだよね。でも横タイプは容量が少し小さいから除外したぜ。

※MAXPASSの横にしたタイプはBizとBiz スマート(充電とトラッキング搭載)の2種類があります。

容量は37㍑ですが(充電搭載タイプは36㍑)、仕事で15インチPCを持参することが多いなら横タイプの方がおすすめです。実物を実際に見ましたが見た目もカッコイイです。

バッテリー搭載のMAXPASS スマート*充電やトラッキング機能搭載(縦長)も容量もそれほど変わらないのでかなり迷いました。

見た目はMAXPASS H2sと同じですが充電機能が搭載されています。価格はシリーズの中でも一番高額です。

他の2つは参考までに掲載します。

デメリット

実際に使ってみて敢えて挙げるデメリットだと感じた点は車輪にストッパーがないという点です。

オット

ストッパーがあったらより便利だとは思うけど、今まで使っていた2輪のソフトキャリーと比較したら4輪は軽いし快適だからあまり気にならないぜ。

スーツケースと合わせて使いたいもの

スーツケースと合わせて使うと便利なものです。私はどれも使っていて、バゲージタグは持っていくバッグには全て使っています。
  • バゲージタグ
  • トラベルポーチ

ACE(エース)のPROTECA MAXPASSを選んだ理由まとめ

ACE(エース)の機内持ち込みもOKのハードキャリーケースMAXPASS H2sを紹介しました。

ACEの機内持ち込みスーツケース MAXPASS H2s

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

ヨーロッパ旅行に最適なスーツケースの選び方ヨーロッパ好きトラベラーが使うスーツケースを紹介!1週間から10日間の海外旅行に最適なサイズはどれ? 海外旅行におすすめのソフトキャリーケースを徹底検証!イーグルクリーク ギアウォリアー29(76ℓ)を選ぶまで 国内線機内持ち込み可能なソフトキャリーケース、アメリカンツーリスター38リットルをレビュー最軽量だと評判のAmerican Tourister[アメリカンツーリスター]のソフトキャリーケースを日常使いに買ってみた

軽くて丈夫で機内持ち込みMAXサイズ

Amazonでお得に買い物をする方法
普段Amazonで買い物をすることが多いならAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入すると、ポイントが貯まりお得です。

チャージ額に応じてプライム会員は最大2.5%(通常会員は2.0%)のAmazonポイントが貯まります。

amazonギフト券チャージタイプ

CHARGE NOW !

 

1.チャージタイプを注文する

2.コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う

3.ポイントを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください