フランス・パリで気楽に食事を!おすすめビストロ2軒とビストロの基礎知識

パリのビストロ

私は旅が好きで、特にフランスが大好きです。

フランスの食事は洗練されているものが多くて、フランスへ旅行するときに楽しみのひとつが食事という方も多いと思います。

でも本格的なフレンチはちょっと…と気が引ける方もいますよね。私自身がそうなのですが、でもせっかく行くなら美味しいものを食べたい!というのが正直なところ。

ここでは、フランス料理を気軽に楽しみたい!と思っている方へ向けておすすめビストロとビストロの基礎知識を紹介していきたいと思います。

フランスでの食事の選択肢

フランスで食べるフランス料理は、大きく分けると6つあります。

フランス料理の選択肢

  • カフェ:喫茶から軽めの食事までとれるお店
  • ブラッスリー:大衆居酒屋的なお店
  • ビストロ:気楽なフランス料理店
  • レストラン:やや高級なフランス料理店
  • オーベルジュ:宿泊設備のあるレストラン
  • グランメゾン:格式の高いフランス料理店

カフェ、ブラッスリー、ビストロはドレスコードは特にありません。
レストランやオーベルジュはお店にもよりますがカジュアルすぎない服装のほうが無難で、グランメゾンはきちんとしたドレスコードが決まっているので事前に確認したほうがいいです。

引用元:フランス料理博物館より

ビストロは気楽に楽しめるフランス料理店でドレスコードも特にありませんが、心配な場合はきれいめカジュアルなら大丈夫です。

ビストロの基礎知識

ビストロの基礎知識

ビストロへ行く前に知っておくと便利な知識です。

  • できれば事前に予約したほうがいい
  • ビストロの喧噪を味わいたいなら20時以降の予約がいい
  • バカンスに注意(7・8月はお店がお休みの場合があります)
  • 予算は40ユーロくらいから

メニューの読み方

ビストロのメニューは大きく分けると3通りあります。

パリビストロのメニューの例

  • 前菜+メイン(Eentrée + Plats)
  • メイン+デザート(Plats + Desserts)
  • 前菜+メイン+デザート(Eentrée + Plats + Desserts)

それぞれの価格設定から選んだ上で、メニューから好きなものを選びます。

MEMO
ビストロは量が多いので、少食の日本人は2食コースを選んだほうが無難です。

私は1度リヨンのビストロで【前菜+メイン+デザート】をオーダーして、メインの途中でお腹いっぱいになったことがありました(これはこれでよかったけど)。

リヨンに関しては以下の記事も参考にしてみてください。

美食の街リヨンのおすすめ!世界遺産の旧市街の見どころと食べ歩き

ビストロをランチに含めた定番観光コース(サンプル)

「パリ定番の観光スポットはとりあえず行っておきたいし、ビストロにも行きたい!」という場合にはアリーグル広場から凱旋門までセーヌ川沿いに歩くとひと通り網羅できます。

パリ定番観光1日コース

もし興味のある方は以下の記事を参考にしてみてください。

パリ観光1日モデルコース – 定番の観光地から蚤の市・ビストロ・お惣菜屋さんまで

おすすめビストロ

ここではおすすめするパリのビストロを2軒紹介します。

アリーグル広場にある「Le Bistrot Paul Bert」

パリへ行ったら1軒はビストロへ行きたいと思っていました。

本を一冊買ってよさそうなお店をいくつか選んで、その中から「アリーグル広場」から近い場所にあるビストロを選びました。

Le Bistrot Paul Bert

Le Bistrot Paul Bert

Le Bistrot Paul Bert

私たちは予約をせずにオープン時間ぴったりに行きました。オープンと同時にお店にはどんどん人が入って来てあっというまに満席。

あとで調べたらこのエリアにはちょっとした美味しいオシャレなお店が多いらしく、場所がら地元の人たちに人気のビストロのようです。

私は【前菜+メイン】で、相方は【メインのみ】でオーダーしました。

  • 前菜:カルパッチョ
  • メイン(相方):鳩のコンフィ フォアグラ添え
  • メイン(私):白身魚 貝のつけあわせ付き

Le Bistrot Paul Bert

Le Bistrot Paul Bert

Le Bistrot Paul Bert

フランス料理には日本ではなかなか食べる機会のないメニューがあります。【鴨(かも)のコンフィ】【鳩(はと)のコンフィ】【ほろほろ鳥のコンフィ】や【ラパン】などがそうだと思います。食べてみると案外鶏肉のようにあっさりしているので挑戦してみるのもいいと思います。

料金は、ワイン一杯ずつを付けて合計50ユーロ(約6500円)でした。

ここのビストロの料理はどれも美味しかったです。地元の人らしいフランス人たちで賑わっていたし、なかにはガイドブックを持った日本人が2組いたので人気のお店なんだと思います。

  • Le Bistrot Paul Bert
  • 所在地:18 rue Paul Bert, 75011
  • 営業日:火〜土 12:00〜14:00 / 19:30〜23:00
  • 電話:01 43 72 24 01
  • 予算:20〜35ユーロ
  • 最寄駅:Faidherbe Chaligny(8)
  • >>Tripadvisorで口コミを読む

私はこのビストロを探すのに1冊の本を参考にしました。

在仏13年の筆者さんが年間200軒以上食べ歩いて美味しいお店だけ選んだという文言に惹かれて買いました。

厳選したパリのビストロ20軒が紹介されているだけでなく、メニューの選び方から解説されています。見ているとどれも行きたくなるので、私は特に気になるお店のページに付箋をはってピックアップした後に場所から選びました。

必要な情報が詰まっているのに薄いのでかさばらずに持ち歩くこともできます。写真や紙の質もいいので持っていて嬉しくなります。

パリで食べ歩きをしたいという方には一冊あるとおすすめの本です。

凱旋門近くにある「L’ATELIER DU MARCHE」

ここはホテルのフロントで、近所でおすすめのカジュアルなレストランがないか聞いたら教えてくれたところです。

口コミサイトを見てもカジュアルなレストランで紹介されているのですが、お店の外観や中の内装はビストロふうな感じです。

L’atelier du Marche

L’atelier du Marche

L’atelier du Marche

凱旋門から歩いて徒歩数分のエリアにあります。このあたりはマルシェもあり賑やかな雰囲気で、近くにある【Maison POU】というお惣菜屋さんもおすすめです。

18時半頃行ったらまだ開いてなかったので近くのマルシェやfnac(日本でいうTSUTAYAのようなショップ)で時間をつぶして、19時半にお店に入りました。

2人とも【前菜+メイン】でオーダーしました。

  • うさぎのテリーヌ / トマトとモッツァレラ(前菜)
  • 鴨のコンフィ / 豚肉のコンフィ(メイン)

L’atelier du Marche

L’atelier du Marche

L’atelier du Marche

味はまあまあ美味しかったです。でもランチで行ったビストロのほうがより好みでした。

  • L’atelier du Marche
  • 所在地:4 Rue Saussier-Leroy, 75017 Paris
  • 営業日:毎日 12:00〜14:00 / 19:00〜22:00
  • 電話:+33 1 42 27 73 50
  • 予算(夜):50〜70ユーロ
  • 最寄駅:メトロ Ternes駅 ※凱旋門からも歩いて行けます。

まとめ

パリでおすすめのビストロ2軒と食事を楽しむポイントを紹介しました。

慣れない海外では言葉の壁があるので少し気後れしてしまうこともあるかもしれませんが、マナーを含めて楽しむことが大事だと思っています。

まずお店に入ったら「Bonjour !(ボンジュール)=こんにちは」または「Bonsoir(ボンソワ)=こんばんは」と言って入りましょう。

笑顔でマナーを守って接すると、にっこり笑ってウェイターが席に案内してくれます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでもこの記事が旅の参考になると嬉しいです。

フランス旅行のまとめについては、以下の記事を参考にしてみてください。

フランスおすすめ観光地のまとめ!フランスは地方都市が楽しい

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムものぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください