zoom使い方まとめ

フランスバスク地方の高級リゾート地ビアリッツ(Biarritz)は街歩きが楽しい!ここは外せない絶景スポットやピンチョスが楽しめる市場など

ビアリッツのカフェ

2019年12月末から1月にかけてスペインのバスク地方サン・セバスチャンとフランスバスク地方へ行ってきました!

私たちはバイヨンヌを拠点にして半日日帰りでビアリッツへ行きましたが、バイヨンヌからビアリッツへ行くにはT1バスが便利です。
フランスのバスク地方バイヨンヌ(Bayonne)からビアリッツ(Biarritz)市内への移動はバスが便利!実際に利用した交通手段を全て紹介

ビアリッツにはいくつかの見どころがあります!

  • ビアリッツ市場(Halles de Biarritz)
  • 海岸沿いを散策
  • 岬の守り神へ(Digue de Gamaritz & Le Rocher de la Vierge)*ここは必見!
  • ビアリッツ灯台
  • Superdry storeで買い物
  • ガトー・バスクやバスク・マカロンで有名なMaison Adamで買い物

ビアリッツは避暑地としても有名で夏は(大)混雑しますが、冬に行ったら閑散としているのかなあと思いながら行ったら意外と観光客がいました。

オット

夏は夏でいいけど、混雑を避けるなら冬はむしろ狙い目かもしれないと思った。

ここでは私たちが歩いたビアリッツの街を紹介します。

1冊あると役に立つ

バスク地方へ行くならフィガロのバスク特集号は必見です。私も買いました!(出発する前に発売して欲しかった。)

避暑地ビアリッツ(Biarritz)は町歩きが楽しい

ビアリッツの街はこじんまりとした中で洗練されたショップや見どころが集まっていて町歩きが楽しいです。

ビアリッツ市内の見どころ

  1. 市役所前T1バス乗り場(Mairie de Biarritz)
  2. 市場(Halles de Biarritz)
  3. 大西洋を見渡す海外沿い *フォトスポット
  4. Digue de Gamaritz  *フォトスポット
  5. Rocher de la Vierge  *フォトスポット
  6. 灯台(右上の先にある) *フォトスポット
  7. Superdry Store  *ヨーロッパで人気のアパレルショップ
  8. Maison Adam *バスク地方で有名な老舗のパティスリー

私たちはバイヨンヌから日帰りでビアリッツへ行き、見どころのほとんどを満喫しました!

オット

灯台以外は一日でだいたい見てまわれるから日帰りでもいいけど、宿泊して早朝の海岸も歩いてみたいと思ったぜ。

ビアリッツの海岸沿い

普通に街歩きが楽しい

バスク地方ならではの建物が可愛くて、町歩きが楽しいビアリッツ。

ビアリッツの町歩き

ビアリッツの町歩き

小さな可愛らしい街並みの中にカフェがあったりプチホテルがあったり。

ビアリッツの町歩き

ビアリッツの町歩き

どこか洗練されたおしゃれなビアリッツの街は、滞在してマルシェバッグを片手にマルシェに行ったり海岸沿いを散歩したりしたくなります。

フランスのリゾート地で過ごすイメージ通りの休日が浮かぶよう。

ビアリッツの町歩き

フランス南西部に住むフランス人の友人夫婦が毎年バカンスをビアリッツで過ごしているのですが、その気持ちがわかるような気がしました。

Sainte-Eugénie 教会

▲Sainte-Eugénie 教会

ビアリッツのバスクリネンのショップ

▲バスク地方独特のデザインで質もいいバスクリネンのお店

大西洋を見渡す海岸沿いを散策

ビアリッツの海岸沿い

ビアリッツは避暑地だけあって海岸沿いの雰囲気がいいです!

ビアリッツの海岸沿い

私たちが訪れたのは12月末の寒い日で早朝はさすがに人も少なく、朝の海はガスがかかっていて波が荒く迫力がありました。

ビアリッツの海岸沿い

午後になるとサーフィンをする人や散策する人も増えてきました。

ビアリッツの海岸沿い

ビアリッツの町歩き

ビアリッツの海岸沿い

この海岸沿いはフォトスポットの一つになっています。

ビアリッツ市場(Halles de Biarritz)

ビアリッツの市場

フランスへ行ったら必ず行くのが市場なんですが、ビアリッツの市場ではスペインのバルのようにピンチョスを楽しむことができます。

ビアリッツ市場については以下の記事を参考にしてみてください。
ビアリッツの市場美味しいと可愛いがたくさんのバスク地方ビアリッツ市場(Halles de Biarritz)のバーでピンチョスを楽しむ!

バイヨンヌの市場については以下の記事を参考にしてみてください。

バイヨンヌの市場(Marché de Bayonne)バイヨンヌの市場(Carreau des Halles)でのランチが楽しい!買い物はバターやチーズなどの乳製品がおすすめ!

ビアリッツのハイライト!海を守る白いマリア像が建つ岬へ

ビアリッツの見どころ

大西洋に沈む夕陽が美しい、その夕陽を見るのにオススメの場所がここです。

Rocher de la Vierge大西洋に沈む夕陽が美しい!ビアリッツ(Biarritz)の漁師たちを守る白いマリア像が建つ岬の岩へ

ビアリッツにそびえたつ灯台へ

私たちは時間の関係で行けなかったのですが、白いマリア像とは対極で守っているかのように見える灯台が反対側にあります。

ビアリッツ灯台

夕陽に染まる灯台もカッコよく美しかったので、灯台から眺めるビアリッツの海も眺めてみたかったです。

  • Phare de Biarritz(ビアリッツ灯台)
  • 60 B Esp, Espl. Elisabeth II, 64200 Biarritz, フランス

Superdry Store 極度乾燥(しなさい)で買い物をする

ビアリッツのSuperdry Store

私たちがヨーロッパへ行ったら必ず行くショップがSuperdry Store 極度乾燥(しなさい)

不思議な日本語が特徴的な、ヨーロッパでは大人気のアパレルショップです。日本でもちらほら見られるようになりましたが、商標の関係で日本への進出ができません。

私たちは訪れる都市では必ず寄るのですが、ビアリッツのSuperdry Storeはちょっと小洒落た雰囲気がありました。

私は2年くらい前に買ったリュックを愛用していますが、電車に乗ると大抵ガン見されます(笑)。

Superdrystore

日本語が微妙という意見もありますが(笑)、デザインがカッコイイので私は好きで愛用しています。

ヨーロッパでは大人気で、ビアリッツやバイヨンヌにも店舗があります。

  • Superdry Store 極度乾燥(しなさい)
  • 2 Rue Simon Etcheverry, 64200 Biarritz, フランス

Superdry Storeについては以下の記事も参考にしてみてください。

ヨーロッパのおすすめお土産 Superdry storeヨーロッパで買う自分用のお土産にもおすすめ!日本でも見かけるようになったSuperdry Store 極度乾燥(しなさい)とは?

Maison ADAMのガトー・バスクとマカロン・バスクを食す!

ビアリッツのMaison ADAM

日本ではあまり知られていないのですが、フランスのバスク地方の地方菓子にガトー・バスクというものがあります。

ガトー・バスク

私は初めてフランス南西部へ行ったときに食べて以来、ガトー・バスクの虜になりました。

Maison ADAMは老舗パティスリーでガトー・バスクも美味しいですが、元祖マカロンと言われるマカロン・バスクも有名で美味しいのでオススメです!

Maison ADAM メゾンアダム

Maison ADAMはサン=ジャン=ド=リュズに本店がありますが(常に混んでいる)、ビアリッツにもお店があり狙い目です。

常に混んでいますが並んででも買う価値はあります!私はあまりに気に入りすぎて二箱買って日本にも持ち帰りました!
Maison ADAM メゾンアダムバスク地方で食べたいフランスのスイーツ!1660年創業の老舗パティスリー【Maison ADAM】のガトー・バスクと元祖マカロンがおすすめ! バスク地方のガトー・バスクフランス・バイヨンヌを中心に行くバスク地方のスイーツ巡り【ガトー・バスク(Gâteau Basque)】の食べ比べ

ビアリッツ町歩きのまとめ

ビアリッツの町歩きを紹介しました。

ビアリッツの街歩き

オット

次はビアリッツにも泊まってみたいぜ。
フランスのバスク地方の交通フランスバスク地方の交通手段まとめ&スペインバスク(サン・セバスチャン)への移動
バイヨンヌまたはビアリッツ発のアクティビティ

効率的にバスク地方を楽しみたい時は、積極的に現地発ツアーに参加しましょう。

バイヨンヌまたはビアリッツからフランスバスク地方の美しい村とサン・セバスチャンを訪れるツアーがあります。

フランス・スペインの2国をまたぐ!ワインと美食を楽しむバスク地方1日観光ツアー

フランスのバスク地方美しい村サール

▲フランスのバスク地方にある美しい村サールの家並み

バイヨンヌまたはビアリッツから、公共交通機関では行きづらいバスク地方にある美しい村サールとアイノア、トウガラシで有名な可愛い村エスペレットを訪れてサン=ジャン=ド=リュズとスペインバスクのサン・セバスチャンまで行く人気のツアーです。

このツアーはサン・セバスチャンで解散することも可能なので、移動も兼ねて公共交通機関では行きづらい場所へ行きたい場合はおすすめです!

フランス・スペインの2国をまたぐ!ワインと美食を楽しむバスク地方1日観光ツアー詳細をみる

 

 

旅行手配に利用しているおすすめサービス一覧

最後に、私自身が個人旅行で利用しているサービスを紹介します。

個人旅行手配の参考になれば嬉しいです。

航空券検索と予約

航空券検索はスカイスキャナートラベルコちゃんを両方で検索します。

同じような検索結果にはなりますが、より良い航空券を選ぶには複数で検索した方が料金にも納得できるので私は2つとも利用しています。

スカイスキャナーで格安航空券を比較する

トラベルコちゃんで格安航空券を比較する

航空会社で直接予約をする場合は、ヨーロッパへ行く場合はワンターミナルで乗り継ぎが便利KLMオランダ航空かエールフランス航空を選ぶことが多いです。

KLMオランダ航空で空席をみる

フランスへ行くならエールフランス航空が場所によっては便利ですが、エールフランス航空KLMオランダ航空は共同運営なので私はどちらも検索します。

エールフランス航空で空席をみる

ホテル検索&予約【Booking.com】



Booking.comはホテルの取り扱い数や網羅数が世界一なので私はBooking.comをメインで利用しています。

日本人の口コミ数も多いので参考になり、予約管理もしやすいところがいいです。
ブッキングドットコム登録会員になると特典がある!ホテル予約システム【ブッキングドットコム(booking.com)】の登録の仕方と会員限定の特典を紹介!

ホテル検索&予約【Hotels.com】

エクスペディアと同じグループ会社ですが、Hotels.com10泊したら1泊が無料になるので個人的にはリゾート地や滞在型旅行にぴったりの予約システムだと思っています。

私自身の使い方としては、Booking.comでホテルを探していて見つからない時にエクスペディアHotels.comで検索して比較して選びます(例えばパリなど)。

ホテル予約【Accorhotelsグループ】

Accorhotels.com

フランスのあらゆる場所でよく目にするホテルがメルキュールやイビス。

駅前など便利な立地にあることが多いホテルですが、フランスを拠点にしていると聞けば納得です。

私は拠点として移動と安全を重視する都市に滞在する場合はメルキュールホテルかイビスホテルを利用することが多いですが、この2つを利用する時はAccorhotels.comの予約サイトから予約をしています。

Booking.comで予約をすることも可能なのですが、ポイントを貯めることができる&フランスでは利用する機会が多いのでAccorhotels.comの予約サイトから直接予約しています。
accorhotels予約サイト非公開: フランスで宿泊するなら立地がいいメルキュールやノボテル、イビスホテルがデルタスカイマイルも貯めれて便利!パリを拠点とするアコーホテルズグループ(accorhotels)経由で予約をするメリットと登録の方法を紹介

ホテル&航空券予約【エクスペディア】



エクスペディア
は航空券とセットで利用した方が割安感がありますが、ときどきBooking.comよりも少しお安く販売している場合もあるのでホテルだけの予約でも比較検討してみる価値アリ!です。

私はBooking.comでホテルが見つからなかった時に時々利用します。
エクスペディアの使い方図解で紹介!ホテル予約システム【エクスペディア(Expedia)】予約のコツと使い方を詳しく解説!

鉄道手配&予約【フランス国鉄(SNCF)とレイルヨーロッパ

フランス国内の鉄道はフランス国鉄(SNCF)サイトから直接予約をしていますが、英語が不安という場合はレイルヨーロッパもおすすめです。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

レイルヨーロッパは日本語対応可能ですが、私は英語表記しかなかった頃から好んでよく使っていました。画面も見やすく安心して利用できます。

送料と手数料がかかりますが(私が依頼した時は1500〜2000円くらいだった)、フランス国鉄で直接予約をするのが不安な場合はおすすめです。

レンタカー検索&予約



レンタカー会社を一括して検索するにはイージーレンタカーがおすすめです。

フランスでレンタカーを借りる【フランス(ヨーロッパ)でレンタカーを利用する手順のまとめ】事前の手続き・車を運転をするときの注意点・おすすめ便利グッズを実例から紹介

現地発着オプショナルツアー【VELTRA】

ヨーロッパの田舎は交通の便が不便で一つの村や街へ行くのに1日がかりということがよくありますが、そんなときには現地発オプショナルツアーを利用します。

VELTRAはダントツで取り扱い数や利用者が多いので便利です。

私も現地発ツアーは何度か利用したことがありますが、公共交通機関で行けないような不便な場所へ行くときには本当に重宝しています。

レストラン検索&予約【TripAdvisor

【c】【公式】トリップアドバイザー

レストラン選びをするときは、ほぼTripAdvisorの口コミを参考にしています。

レストランのサイトから予約が可能なら直接予約、事前予約ができない場合は現地でいちかばちかで行ってみます。

パリの場合はたびらくといういうサービスが便利です。たびらくは現地に住む日本人の口コミが多数あるので味の相違もあまりなく事前予約も可能です。

1件につき500円(税抜)の手数料がかかりますが、それほど高くなく日本語で事前に予約が可能なのでオススメです。

オーダーメイドの旅行なら旅工房

公共交通機関(鉄道やバス)を使っていくのはちょっと厳しい…ツアーも見つからないという場合は旅工房でオリジナルの旅プランをお願いするという方法があります。

問い合わせは無料です。

旅工房は私もまだ旅慣れない頃に問い合わせたことがありますが、専門の担当者がプランニングしてくれるのでおすすめです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

フランスの風景やフランスの田舎を目指している自宅のガーデンをインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください