zoom使い方まとめ

ガーデニング初心者にもおすすめ!シェードガーデン(日陰で陽当たりの悪い北側のお庭)でもナチュラルガーデンづくりを楽しむ

日陰で楽しむナチュラルガーデン

我が家のメインガーデンは西側にありますが、玄関から左にある北側は隣との境目でもあり日当たりもあまり良くないのでほぼ放置していました。

いくつか植物を植えてみたけれどことごとく枯れて育たなかったので、半ば庭づくりを諦めていました。

それでもどうにかしたいと思い試行錯誤して、たまたま植えてみたジャスミンが思いの外育ったので北側のお庭にも少しずつ手を加え始めました。

ハゴロモジャスミンが絡んだアーチナチュラルガーデンを楽しむ!アーチやフェンスにハゴロモジャスミンを絡ませてフレンチ空間を作る

ここでは北側の陽当たりのよくない場所で育っている植物や、ちょっと工夫していることを紹介します。

ふだんは目立たない場所でもかわいい空間ができると、ちょっと嬉しくなります。

シェードガーデンにぴったりの植物

日陰で楽しむナチュラルガーデン

▲北側ガーデンの入り口に植えている西洋ニンジンボク(右側)

我が家は階段を上がった所に敷地があり、両隣との高さが同じではありません。

南側はお隣さんが高い位置にあり、北側はお隣さんが低い位置にあります。

陽当たりの悪い北側のお庭でも楽しむナチュラルガーデン

南側も北側も日当たりはよくないですが、北側は隣のお宅が少し下がった位置にあるので風通しはいいです。

風通しがよければ多少日当たりが悪くても植物は育つものが多いということが、この10年くらいでわかるようになりました。

ナチュラルガーデンにぴったりな植物

ガーデニングは初心者から初めて約10年経ちますが、最初は何もわからず枯らしてしまった植物は本当に多いです。

そんな中で育っている植物もいくつかあります。
  • ジャスミン
  • クリスマスローズ
  • 紫陽花(ヤマアジサイ)
  • 宿根草各種(スミレ、ヘビイチゴ、西洋オダマキ)
  • ハーブ類(ミント、レモンバームなど)
  • ブルーベリー

ジャスミン

ジャスミンは風通しがよければ日陰でも強健でどんどん育ちます。

ハゴロモジャスミンが絡んだアーチナチュラルガーデンを楽しむ!アーチやフェンスにハゴロモジャスミンを絡ませてフレンチ空間を作る

クリスマスローズ

クリスマスローズは特に日陰を好むためどんどん株が大きくなってきています。

日陰で楽しむナチュラルガーデン

我が家では3種類のクリスマスローズをこの場所に植えました。

紫陽花

紫陽花も日本固有の植物で場所を選ばないので、陽当たりの悪いお庭にもオススメです。

日陰で楽しむナチュラルガーデン

現在2種類の紫陽花を植えていますが、様子を見ながら少しずつ増やしていきたいと思っています。

紫陽花はボリュームが出るので、我が家は狭い小道なので今後はヤマアジサイを増やしたいと思っています。

ヤマアジサイ

宿根草(スミレ、西洋オダマキ、ヘビイチゴなど)

ナチュラルガーデンを目指しているのでスミレやヘビイチゴもところどころに植えていますが、溢れ種で増えていくのでオススメです。

日陰で楽しむナチュラルガーデン

ハーブ(レモンバーム、ミント)

レモンバームやミントは場所を問わずよく成長して増えていくので、気がついた時点で引っこ抜いています。

※緑を増やしたい時にはおすすめですが(ペパーミントは特に)すぐに増えて茂ってしまうので、狭いお庭にはオススメしません。

シェードガーデンにぴったりの植物 – やや日陰に植えているもの(時間帯によっては日が射す)

北西の角で時間帯によっては西陽が差し込む場所に植えているものです。
  • 西洋ニンジンボク
  • グラハムトーマス(イングリッシュローズ)
  • 宿根草(ティアレラ、エリゲロン)
  • 球根類(スノードロップ、原種チューリップ)
  • 三つ葉

西洋ニンジンボク

西洋ニンジンボクは暴れん坊と言われている低木ですが、やや日陰なら生育を抑えられると思い北側の入り口の北西側角に植えました。

西洋ニンジンボク

やや日陰でも馴染んだようで、初夏から夏にかけて涼しげなブルーの花を咲かせてくれます。

グラハムトーマス(イングリッシュローズ)

イングリッシュローズであるグラハムトーマスも、薔薇の中でも比較的強健だと聞いたので半ば試すつもりで植えましたが枯れることなく育っています。

日陰で楽しむナチュラルガーデン

※同じ場所でもラレーヌ・ビクトリアはワンシーズン持たずに枯れてしまいました。

宿根草(ティアレア)

宿根草の中でも私が大好きなティアレラもやや日陰の方が元気です。

ガーデニングの始め方 - ティアレア

ガーデニングの始め方 - ティアレア

ティアレアは木漏れ日が時々あるくらいの場所に植えていて元気ですが、日陰にも今度試してみたいと思っています。

余談:ミツバ

余談ですが日陰でも育つのが三つ葉。一度植えたら零れ種からどんどん増えて毎年わんさか育ってます。

シェードガーデンにぴったりのミツバ

我が家では毎朝野菜&果物スムージーをつくって飲んでいるので、目にもいいと言われている三つ葉を庭から摘むのが日課です。
グリーンスムージーの作り方レシピ美肌とダイエットに!グリーンスムージーの基礎知識と作り方レシピを紹介

シェードガーデンには合わなかった植物

風通しはいいので育つかも?と思い植えて枯らした植物は数知れないです。
  • ラベンダー
  • 球根類(チューリップ、ムスカリ)
  • 宿根草各種 ※植えている以外のもの

チューリップやムスカリは枯れてはいないのですがひょろっとしているので、土を改良したらもっと育つのではないかと思っています。

ラベンダーは日当たりが良くないとダメだと書かれているにも関わらず植えたら、、、やっぱりダメでした。いつのまにか消滅していました。

シェードガーデンで必要なこと&工夫していること

日陰で楽しむナチュラルガーデン

育っている植物の共通点は(クリスマスローズ以外は)「土の改良をしたこと」です。

ブルーベリーは酸性の土を好むため植えつけたエリアごと土を改良したら、日陰でもまあまあ育っています。

土を改良せずにそのまま植えた球根類は枯れはしないものの、、、花を咲かせずにいるので土の改良は必須だと思います。

  • 土の改良は必須(赤玉土、腐葉土、石灰を混ぜる)*植えるものによって配合や内容を変える
  • 風通しを邪魔するものを置かない

我が家の場合は北側に関しては風通しだけは確保するようにしているので、エアコンの室外機以外は大きいものは置いていません。※資材ボックスや小さな雑貨は置いています。

資材ボックスの作り方ナチュラルガーデンにおすすめ!端材を使って庭に置きっ放しOKのベンチを兼ねた資材ボックスを簡単DIYで作る
土の改良については私にとっても今後の課題なので、何か変化があったら今後追記していきます。

赤玉土や石灰・腐葉土などはあると便利なので我が家では常に常備しているものの一つです。

シェードガーデンまとめ

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

日陰で楽しむナチュラルガーデン

ハゴロモジャスミンが絡んだアーチナチュラルガーデンを楽しむ!アーチやフェンスにハゴロモジャスミンを絡ませてフレンチ空間を作る ナチュラルガーデニングガーデニング初心者にもおすすめ!ナチュラルガーデンにぴったりの定番の宿根草とハーブ レンガの小路ガーデニング初心者にもできる!フレンチな雰囲気のガーデン小道の作り方とポイント 初心者でも育てやすい!オススメのバラを紹介します!初心者でも育てやすいおすすめの薔薇!イングリッシュローズとフレンチローズの紹介と育て方

庭に植えている植物はインスタグラムでも発信していますので、よかったらインスタグラムも確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください