オリンピックイヤー2020年の旅プランを考える!

【レビュー】ポーター(porter)フリースタイル(FREE STYLE)カメラバッグはカメラの保護にも最適で持っていて嬉しくなるバッグ

ポーターカメラバッグ

私はポーター(porter)が大好きで愛用しているものが多く、影響されたのか最近では夫まで真似してポーターを使うようになりました。

見た目もカッコイイし、素材そのものが軽いので普段使いにも旅行にもぴったりなのがポーターだと思っています。

オット

真似じゃなくてオレの方がポーターが似合う。

そのポーターがカメラバッグを出していることを知らなくて、たまたま通りかかったショップで見つけた時は一目惚れして即買いしました。

それがポーターのフリースタイルカメラバッグです。

カメラバッグを探しているとおじさんバッグみたいなものが多くて探すのに苦労したのですが、さすがのポーターだけあって見た目がかなりカッコイイです。

ポーターカメラバッグ

小さめのバッグなので、一眼レフカメラを片手に手軽に散歩またはミラーレスカメラを片手にちょっとお出かけというシチュエーションに向いていると思います。

予備のレンズを持って行く場合には小さめなので、リュックの方がおすすめです。
海外旅行用のリュックにカメラバックも兼ねた【カリマー セクター25(sector 25)】を選んだ理由

ここでは実際に使ってみてどうなのか、仕様から使い心地までを紹介していきます。

現在はLサイズは販売終了、Sサイズも生産終了して在庫があるだけなので、類似商品と比較するのに参考にしてみてください。

持っているだけで嬉しくなる!

ポーターフリースタイルカメラバッグの仕様

私が使っているポーターフリースタイルカメラバッグの仕様です。

ポーターカメラバッグ

  • Lサイズ:高さ16cm x 幅25cm x 奥行き12cm
  • Sサイズ:高さ12cm x 幅20.5cm x 奥行き8.5cm

Lサイズの大きさはコンパクトで、レンズを装着した一眼レフカメラが入るギリギリの大きさです。Sサイズはミラーレスカメラ向けで、一眼レフカメラはレンズ装着した状態で入れるのは難しいと思います。

カメラを入れるメインポケット以外にも前面ポケットが2つあります。

ポーターカメラバッグ

  • 保護材が入ったメインポケット
  • 大きく開ける前面ポケット(1)※中に3つのポケットあり
  • 小さなポケットが2つある前面ポケット(2)

カメラ片手に外出する時持ち出したいもの

私がカメラ片手にちょっと外に出るときに持ち出すものです。

  • 一眼レフカメラ+レンズ
  • 予備のメモリカード、フィルター
  • 財布、定期入れ、家の鍵、スマホ
  • リップクリーム

メインポケット

ポーターカメラバッグ

カメラバッグなのでメインポケットは保護材が入った仕様になっています。

保護材があることが純粋に嬉しいです。

私は一眼レフカメラを携帯して出かける時は、レンズを装着したままバッグに入れて行くことが多くてレンズを取り替えることはあまりありません。

ポーターのカメラバッグ

なのでバッグにもレンズを装着した状態で入れます。

NIKON D7100+NIKKOR 60mm f/2.8+フードを付けた状態

ポーターのカメラバッグ

ふだん使うレンズとカメラ+フードを付けた状態ですっぽりと入り、ストレスを感じず取り出せるちょうどいい大きさです。

レンズが入った部分の上部は余裕すらあります。

ちなみにD810+NIKKOR 35mm f/1.4G+レンズフードでもギリギリ入りますが、単焦点レンズはOKですがズームレンズは装着した状態では難しい気がします。

メインポケットには移動が可能なマジックテープがついた保護材が2枚あります。

ポーターカメラバッグ

一眼レフカメラを入れる場合はレンズを装着した状態でギリギリの大きさなので、マジックテープがついた保護材を使うことはないと思います。

私はこのマジックテープがついた保護材をポケットのように装着して、ここにスマホを入れてます。

ポーターのカメラバッグ

ポーターのカメラバッグ

カメラを取り出すときにスマホを引っ掛けて落とすことがないので、ポケット代わりに使うと便利です。

ミラーレスカメラの場合は予備レンズを入れることができるので、このマジックテープ付きの保護材が役に立つと思います。

メインポケットにはマイクロファイバーが縫い付けてあるので、カメラのレンズを手入れするのに地味に便利です。

ポーターのカメラバッグ

サブポケット(中に3つのポケット)

ポーターのカメラバッグ

前面には可動式のジッパーがあるポケットがあります。

これを開くと、中に小ポケット x 2つと中が見えるビニールの大きなポケットが1つ。

ポーターのカメラバッグ

私はここに小銭入れ&カメラ道具類(予備のSDカードやフィルターなど)を入れます。

細かいものを入れるには余裕があり、まだまだ入れられそうです。

ポーターのカメラバッグ

長財布を入れることもギリギリできますが本当にギリギリなので、このカメラバッグを片手にお散歩という時は小さめの財布か小銭入れの方がいいと思います。

私はポーターの小銭入れを愛用しています。

ポーターの小銭入れポーターのフリースタイルマルチコインケース(小銭入れ)は海外旅行の盗難対策にもおすすめ!

前ポケット

ポーターのカメラバッグ

前面に小さなポケットが一つあり、中には2つのポケットがあります。

少しキツめのポケットなので、家の鍵や定期入れを入れています。

化粧ポーチを入れるには少し小さいので、私はリップクリームなど必要なものを単独で入れています。

素材は高密度キャンバス(ウレタンコーティング)

ポーターのカメラバッグ

素材は高密度キャンバスにポリウレタンを圧着させた生地を使っているそうです。

高密度に織り上げた10号キャンバスの表面にポリウレタンを圧着させた生地は、レザーのようにも見える独特の質感が大人気。バリエーション豊富でビジネスからカジュアル、小物まで幅広く揃い、軽量なので男女問わずオススメ。この生地は後染めによっておこる生地の収縮が独特の風合いを出しており、さらに製品完成後に揉むことによってシワ感を出しています。革でもなく、一般的な生地とも異なる質感は幅広い年代から支持を得ており、2004年のシリーズ発表以降も何度か追加アイテムを加えている人気シリーズです。吉田カバンオフィシャルサイトより

フリースタイルシリーズではこの素材を使っていて、私が持っている小銭入れも同じ生地が使われています。

一見レザーに見えるのですがレザーではないので軽いところがいいです。

持ち手は重さを軽減する作りに

持ち手はカメラの重さを軽減できるしっかりとした作りになっています。

ポーターのカメラバッグ

現在はLサイズは生産&販売終了、Sサイズは生産終了&在庫販売

私が使っているフリースタイルカメラバッグLサイズは生産終了となり、同じ仕様の小さいサイズSサイズは在庫販売のみとなっています。

他にポーターのタンカーシリーズでもカメラバッグがあるので、気になる場合はチェックしてみてください。

>> 吉田カバンオフィシャルサイトでカメラバッグのラインナップをみる

ポーター(porter)フリースタイルカメラバッグレビューまとめ

ポーターのフリースタイルカメラバッグを紹介しました。

私は身長が156.5cmですが、このバッグはちょうどいい大きさです。

ポーターのカメラバッグ

Lサイズでこのサイズ感なのでSサイズの場合はポシェットの感覚で使えると思います。※但しミラーレスカメラ向け。

ポーターが大好きなので記録のために記事にしましたが、参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください