冬のおすすめヨーロッパ

パリのシャンゼリゼ通り / 凱旋門のカウントダウンと年越しイベントを見に行ってきました!

夜のシャンゼリゼ通り

私たちは【2014-2015年】のパリの年越しイベント(カウントダウン)を見に行きました。

凱旋門 / シャンゼリゼ通りの年越しイベントはプロジェクションマッピングと花火で華やかに開催されます。

事前に調べた情報や最新の情報を見てもここ数年の内容は同じようなので、私自身が感じた視点から年越しイベントの様子と気をつけたほうがいい点を紹介していきます。

ポルトガル・リスボンの年越しについては以下の記事を参考にしてみてください。

【2016年末】リスボンの大晦日の年越しを見に行ってきました!

パリの年越しイベント / カウントダウンを見に行く

パリの年越しイベントは凱旋門 / シャンゼリゼ通りで開催されます。

私たちが宿泊していたホテルは凱旋門近くの『Hotel Cecilia』で凱旋門までは徒歩2分くらいです。

パリ市内マップ

宿泊したホテルについては以下の記事を参考にしてみてください。

パリのおすすめホテル!凱旋門エリアにある【Hotel Cecilia】は空港バス乗り場から徒歩2分で便利

大晦日は最寄駅は閉鎖されるので見に行くなら凱旋門かオペラ座エリアのホテルに宿泊することをおすすめします。パリの夜の街を歩いて移動することはおすすめできません。

凱旋門近くのホテルから手ぶらで徒歩で移動

私たちはホテルから徒歩で凱旋門まで移動しました。

スリも多いので、iPhoneだけポケットに入れて手ぶらで移動しました。

23時過ぎにホテルを出て凱旋門へ向かう道に出たら道は既に人だかりでした。

パリのカウントダウン

これだけ大勢の人が歩いていたら夜のパリも怖くなくちょっと安心です。凱旋門近くでは警察による検問も行われていました。

個人的にはヨーロッパで夜中に外出すること自体が怖いので、私たちは最初は凱旋門から少し離れた位置にいました。

パリのカウントダウン

離れた位置でも人でいっぱい。でもここはちょっと見えづらかったので、思いきってもう少し前に移動しました。

凱旋門がやや斜めだけどぎりぎり見える位置まで移動しました。23:30頃からプロジェクションマッピングが開始されました。

パリのカウントダウン

パリのカウントダウン

パリのカウントダウン

正面じゃないけれど私たちがいた位置も人でいっぱいで、時間が経つに連れてどんどん人は増えていきました。

新年の瞬間

カウントダウン15分前ともなると人混みもピークに達して、身動きがとれないくらいになりました。

パリでスリは当たり前のようにあると思っているので、ポケットの中のiPhoneはしっかり握ったままでいました。写真を撮る時も用心しながら。

凱旋門の年越しイベントではカウントダウンがあるわけではなくて、新年になったと同時に花火が打ち上げられます。

パリ・カウントダウン

パリ・カウントダウン

パリ・カウントダウン

花火が上がる瞬間は周りからも大歓声が。私も鳥肌がたちました。

花火の最後のあたりは煙のほうが多くて火事みたいになっていました。笑。

このあと、凱旋門に映るプロジェクションマッピングでは各国の言語で[A Happy New Year]の文字が表示されました。

パリ・カウントダウン

パリ・カウントダウン

パリ・カウントダウン

最初はフランス語で、そして何番目かに日本語も。この瞬間周りからはいろんな言語で歓声が聞こえてきました。

花火が終わり新年を迎えたら集まっていた人たちが少しずつ移動を始めます。混雑しているので前の人のペースに従ってゆっくり進み帰りました。

途中では家族や仲間同士で新年を祝う人たちの姿も。

パリの新年を凱旋門近くで祝う人たち

パリのシャンゼリゼ通りのカウントダウン

凱旋門近くは人通りも多く賑やかだったので、夜でもホテルへの帰り道は全く不安はありませんでした。

注意点

私たちはスリが怖かったのでバッグは持っていかずiPhoneだけをポケットに入れて行きました。

貴重品は持っていかないほうがいいです。

ホテルへ帰る途中、前を歩くリュックを背負っている人たちのジッパーがどれも全開になっていました。

それを見た瞬間に再び身が引き締まりました。

  • 貴重品は持っていかない
  • トイレはない
  • 混雑がすごいことを覚悟すること

パリでは人が集まる場所には必ずスリがいるので、貴重品の管理はしっかりしたほうがいいです。iPhoneは高価なものなのでヨーロッパでは狙われます。

夜の地下鉄利用や夜の街を歩くのは危険なので、ぜひ見に行きたいという場合は凱旋門やオペラ座付近でホテルを予約することをおすすめします。

凱旋門付近の最寄りの地下鉄は大晦日の夜は閉鎖になります。

※行く場合は十分に注意して、個人の責任で行かれてください。

まとめ

2014-2015年に訪れたパリの年越しイベント(カウントダウン)を紹介しました。

パリの治安については以下の記事も参考にしてみてください。

初めてのパリで宿泊するのにおすすめのエリアとホテルを紹介!治安の悪い場所は避ける!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください