春から初夏にかけてのおすすめフランス

リスボンのおすすめホテルを紹介!ロシオ広場近くにある【THE BEAUTIQUE HOTEL】が観光にも移動に便利!

2016年12/27〜2017年1/4まで、個人旅行(2人)でリスボンを起点に近郊の街や村をまわる旅をしてきました。

私はポルトガルは3度行ったことがありますがリスボンに連泊するのは初めてだったので、どこに泊まったほうが便利で安全なのか口コミを読んで調べまくりました。

検討して最終的に決めたホテルは、ロシオ広場の隣りのフィゲイラ広場に面したTHE BEAUTIQUE HOTEL】です。

THE Beautique Hotel

  • The Beautique Hotel ★★★★
  • 料金:15000円〜 ※料金は時期によって変動します。
  • 1人旅、カップル(友人同士)、ファミリー向け

結論から言うとここに泊まってよかったです。深夜近くに空港に到着して1人でホテルまで移動したのですが、治安も安全な場所にありサービスも良かったです。

ここでは検討するにあたって気にしたポイントや、実際に泊まってみてよかった点を紹介していきます。

最低価格保証付き

ホテルを選ぶときにこだわる項目と予算

The Beautique Hotel 部屋の窓からの眺め

ホテルを選ぶときにこだわる項目と予算

私がホテルを選ぶときにこだわる項目は6つです。

  • 治安がいいこと
  • 観光、移動するのに立地が便利なこと
  • (できれば)バスタブがある
  • (できれば)空港バス乗り場が近い
  • (できれば)ドライヤーが付いている
  • (できれば)冷蔵庫が付いている

リスボンでホテルを探すなら以下のポイントで探せば間違いがありません。

ロシオ広場かフィゲイラ広場近く

ロシオ広場やフィゲイラ広場は移動にも観光にも便利な場所で、且つ空港バス乗り場がロシオ広場にあります。

大抵の場所には歩いて行けるので、ロシオ広場かフィゲイラ広場近くのホテルに宿泊すれば困ることはほぼありません。

但し、便利なだけあってこのあたりは料金は少し高めとなります。

ホテルの予算はできれば、1泊1部屋あたり10000円〜15000円くらいに抑えたいというのが希望で目安にしています。

The Beautique Hotelを選んだ理由

ホテルを決めるにあたって一番の悩みどころだった、リスボンに到着するのが深夜なので周辺も含めて治安がいいことは絶対条件でした。

  • 深夜の到着なので治安がいいことは絶対条件
  • 初日と翌日以降のホテルを変えたくない(荷物の移動とか面倒臭い)

この条件全てを満たしていたホテルがTHE BEAUTIQUE HOTEL】でした。

フィゲイラ広場に面している The Beautique Hotel

THE BEAUTIQUE HOTEL】は四つ星なので設備も満足できるものですが、立地もかなり便利です。

リスボン市内の風景

The Beautique Hotelの立地とおすすめする4つのポイント

  • どこへ行くにも便利なフィゲイラ広場に面している
  • 空港への送迎サービスがある(有料)
  • レストラン街や繁華街が徒歩圏内にある
  • 美味しくて地元の人に人気のレストランが1階にある

1つずつ説明していきます。

どこへ行くにも便利なフィゲイラ広場に面している

フィゲイラ広場はロシオ広場のすぐ隣りです。ロシオ広場には空港バスの発着があって周辺にはレストランも数多くあります。

観光の中心地であるバイシャ地区も徒歩圏内なのでどこへ行くにも便利です。

空港への送迎がある(有料)

私が海外旅行で最も重視しているのが、到着日と帰国日はホテルから空港への移動が簡単であることです。

直行便フライトがないヨーロッパの都市の場合、到着は夜中出発は早朝ということが多いので安全面を重視していつもそうしています。

夜のロシオ広場

朝、The Beautique Hotelの部屋から眺めたフィゲイラ広場

THE BEAUTIQUE HOTEL】は空港バス発着所があるロシオ広場が近くなので、空港バスを利用するのにも便利な立地です。

夜も何度かロシオ広場周辺を歩きましたが、常に人がいて明るく安全でした。

私たちは帰国が早朝のフライトだったので、空港バスでの始発でも不安だったため送迎サービスがあるホテルを優先して探しました。

同じようにフィゲイラ広場の近くにある老舗のムンディアルホテルも送迎サービスがあり迷ったのですが、最終的にはTHE BEAUTIQUE HOTEL】に決めました。

空港への送迎料金は30ユーロ(片道)、往復依頼で50ユーロ(早朝・深夜料金込)で決して安くはないですが、安全と安心を考えたら妥当な料金です。

レストラン街や繁華街が徒歩圏内にある

レストラン街や繁華街が徒歩圏内にあるということは、すごく重要です。ポルトガルは比較的治安のいい国だけど、夜にこんなに安心して歩ける首都も少ないです。

The Beautique Hotelの夜の様子

▲夜のフィゲイラ広場(左)。この通りの右手にホテルがあります。

夕食を食べに行ったり買い物をして遅くなった場合、路地を入った場所にホテルがあったりしたらほんのちょっとの距離を歩くのも不安になります。

THE BEAUTIQUE HOTELはフィゲイラ広場に面しているので、夜遅くなっても安心できる立地にあるところもいいです。

大晦日にリスボンで年越しを見に行ったときの記事も参考にしてみてください。※実際に夜歩きをする場合は、個人の責任で行ってください。

リスボンの大晦日の夜【2016年末】リスボンの大晦日の年越しを見に行ってきました!

美味しくて地元の人に人気のレストランが1階にある

THE BEAUTIQUE HOTELSのシーフードリゾット

これはThe Beautique Hotelに滞在していてわかりました。

1階にはレストランがあり、ロビーを通る度にあまりに賑わっているので気になっていました。

観察していたら宿泊客ではなく外からのお客さんが多いことに気が付きました。それで私たちも入ってみたら何コレおいしい!料理もすごく美味しくて、賑わっている理由がわかりました。

結局ここには滞在中、2度夕食を食べました。

リスボンへ行ったらここへ行きたい!観光地以外のおすすめ5選〜泥棒市やコスタノバの食器など〜

The Beautique Hotelの設備

THE BEAUTIQUE HOTEL】は部屋がスタイリッシュでオシャレです。

シンプルで清潔なことはもちろん、わりと新しいホテルなのでどこもキレイでヨーロッパのホテルのわりには部屋も広いです。

The Beautique Hotel

The Beautique Hotel

The Beautique Hotel

The Beautique Hotel

  • 部屋が広くて快適
  • フィゲイラ広場に面していて便利&安全
  • 徒歩圏内にレストラン街がある
  • 冷蔵庫・電気ポット付き
  • ヘアドライヤー付き
  • バスタブ付き ※要リクエスト

※wifiつながります。

私は出発はひとりで深夜にリスボンに到着したのですが、部屋をアップグレードしてくれていました!

私たちは、到着したその日(初日は私のみ)とその後他の都市で2泊した後リスボンに戻って4泊の合計5泊泊まりました。

リスボン周辺には日帰りで行ける村や街が多くあるので、拠点にするにも便利です。

  • The Beautique Hotel ★★★★
  • 住所:Praça da Figueira 16, 1100-241 Lisboa, ポルトガル
  • 料金:15000円(朝食はなし)〜※料金は時期によって変動します。
  • 公式サイト:thebeautiquehotels.com

予約の方法

私は海外のホテルを予約するときはいくつかのホテル予約サイトで比較して一番安いところで予約を入れますが、一括管理したいのでブッキングコムで予約を入れることが多いです。

ホテル予約サイトにはそれぞれの良さがあるので、行き先や時期によって比較して選びます。

最低価格保証付き!


飛行機とセットでお得!



Booking.comの口コミでもロケーションに関しては9.7、総合でも8.8と評価はかなり高いです。

ホテルの予約に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

ホテルの予約システムどれがお得?海外旅行でホテルを探すのにおすすめの予約サイト4選を徹底比較!

The Beautique Hotel レビューまとめ

リスボンに泊まるならTHE BEAUTIQUE HOTEL】を薦める5つの理由を紹介しました。

  1. どこへ行くにも便利なフィゲイラ広場に面している
  2. 空港への送迎がある(有料)
  3. レストラン街や繁華街が徒歩圏内にある
  4. 美味しくて地元の人に人気のレストランが1階にある
  5. 部屋がスタイリッシュで素敵、そして広くて快適

私はフランスの南西部に大好きなコスメショップがあります。このコスメは通販もやっていますがアジア方面への発送は行っていないので、リスボンのホテルに送ってもらいました。

事前にホテルに知らせていてその際ホテルのスタッフの方とのやりとりを何度かしていますが、とてもフレンドリーで親切で好感が持てました。

もちろん注文した商品も最初のチェックイン時に受け取りました。予算が許せば立地条件もサービスもいいので、次にリスボンへ行くときもこのホテルに泊まります。

フィゲイラ広場はトラムの発着地でもあるので、旧市街へ行くときも始発に乗れて便利です。

ポルトガル旅行記については以下の記事も参考にしてみてください。

ポルトガルの旅のまとめ。【まとめ】ポルトガル旅行記(2016年12/26〜2017年1/4)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
この記事が少しでもポルトガル旅行の参考になると嬉しいです。

最低価格保証付き

2 Comments

アバター FirstAntonio

I see you don’t monetize your site, don’t waste your traffic,
you can earn extra bucks every month because you’ve got high quality content.
If you want to know how to make extra bucks, search for:
Boorfe’s tips best adsense alternative

返信する
アバター tamami

>> Hi ! FirstAntonio,
Thank you for your comment.
After I wrote 10 articles, I applied for google and it is set now : )

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください