Apple Watchでできることまとめ

エックスサーバーでサブディレクトリで2つめ以降(複数)のサイトやブログを作る手順

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

私はWordpressでポートフォリオサイトを合計3つ作っていますが、3つあるうちの2つはサブディレクトリで作りました。

MEMO
サブディレクトリとは?

2つ目以降のブログやサイトを作成するときにググってよく出てくるワードが「サブディレクトリ」「サブドメイン」。詳細の説明はここでは省きますが、2つ目以降に作るブログやサイトのジャンルが似ている場合はサブディレクトリが良くて、異なる場合はサブドメインがいいと一般的には言われています。

それぞれで作った場合のURLは以下のように表示されます。
  • https://contentsname.tamamim.com => サブドメイン
  • https://tamamim.com/contentsname/ => サブディレクトリ

※contensnameには好きな名前を入れることができます。

エックスサーバーを使っていれば、サブディレクトリを使ったサイトは簡単に作れます。

ここでは私自身の備忘録代わりに、エックスサーバーでサブディレクトリを使ってサイトを作る手順を紹介します。

エックスサーバーで一括管理が便利!

エックスサーバーでサブディレクトリを使る手順

エックスサーバーでサブディレクトリを作る手順は以下の通りです。

  1. エックスサーバーの「サーバーパネル」にアクセスする
  2. WordPress簡単インストールをクリックする
  3. サブディレクトリで作りたいドメイン名で「選択する」をクリックする
  4. WordPressインストールタブをクリックする
  5. 必要箇所に入力する
  6. インストールする
  7. インストール完了
  8. WordPressで確認

1. エックスサーバー の「サーバーパネル」にアクセスする

エックスサーバーにログインして、サーバーパネルを開きます。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

2. WordPress簡単インストールをクリックする

サーバーパネルの下にあるWordPress→【WordPress簡単インストール】をクリックします。

3. サブディレクトリで作りたいドメイン名を選んで「選択する」をクリックする

サーバーパネル内のドメイン選択画面で、サブディレクトリで作りたいドメイン名を選んで【選択する】をクリックします。※サンプルでは、tamami-makino.workを選んでいます。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

4. WordPressインストールタブを選択する

【WordPressインストール】タブを選びます。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

5. 必要箇所に入力する

必要箇所に入力していきます。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

  1. WordPressインストールを選択
  2. 設定対象ドメイン→設定したいドメインが選ばれていることを確認
  3. サイトURLの/の後に好きなドメイン名を入れる
  4. ブログ名を入れる
  5. ユーザー名を入れる
  6. パスワードを入れる
  7. メールアドレスを入れる

※キャッシュ自動削除やデータベースはデフォルトのままでOKです。

必要項目に入力したら、【確認画面へ進む】をクリックして進みます。

6. インストールする

内容を確認して問題なければ右下のインストールボタンをクリックします。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

7. インストール完了

インストールが終わった後の画面です。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

これでサブディレクトリ でサイト作成が完成しました。

8. WordPressで確認

インストールした後は、設定したIDとPWでWordPressにログインします。

エックスサーバーでサブディレクトでサイト作成する手順

ログインすると、↑のようなまっさらの状態で開きます。

エックスサーバーでサブディレクトリを使る手順まとめ

エックスサーバーでサブディレクトリを作る手順をまとめます。

  1. エックスサーバーの「サーバーパネル」にアクセスする
  2. WordPress簡単インストールをクリックする
  3. サブディレクトリで作りたいドメイン名で「選択する」をクリックする
  4. WordPressインストールタブをクリックする
  5. 必要箇所に入力する
  6. インストールする
  7. インストール完了
  8. WordPressで確認
インストールした後の基本の手順は以下の通りです。
  • テーマをインストールする
  • 常時SSL化する
  • プラグインを入れる(クラシックエディタ)
  • ファビコンを設定する

テーマのカスタマイズ方法についてはまた別途記事にしたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ドメインを取得するお得な方法初心者がブログやサイトを作る時の失敗しない独自ドメインの選び方

エックスサーバーで一括管理が便利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください