Apple Watchでできることまとめ

初心者がブログやサイトを作る時の失敗しない独自ドメインの選び方

ドメインを取得するお得な方法

ブログやサイトを始める方法はいくつかありますが、WordPressを使ってブログやサイトを作りたい場合は以下の手順で行います。

  1. 独自ドメインを取る  *有料
  2. レンタルサーバーを契約する  *有料
  3. WordPressをインストールする  *無料
  4. WordPressのテーマ(テンプレートのようなもの)を選ぶ  *無料/有料あり
  5. SSLを設定する
  6. コンテンツ作成
  7. 最低限の設定をする
MEMO
独自ドメインとは、このブログで言えば https://の後にある、tamamim.com の部分のことです。独自ドメインをとる理由は、例えばショップサイトならお客様にも覚えてもらいやすいし愛着が湧くというなどのメリットがあります。

ドメインはドメイン管理会社で取ることができますが、レンタルサーバー会社でも一緒に取得することができます。

私自身はまだよくわからなかった2017年に、レンタルサーバー会社を契約してドメインはドメイン管理会社で取得しました。

エックスサーバー

レンタルサーバーの定番として有名なレンタルサーバー会社。契約した2年後くらいにブロガーの間で話題になっていた、業界最高速だと噂のConoHa WINGも少し気になっていますが今のところ変更する予定はありません。

レンタルサーバーを契約するなら最大手である、エックスサーバーConoHa WINGの2択だと思っています(小さいところだと倒産してサイトが消滅とかもしあったら嫌なので)。

ムームードメイン

大手の一つで、お名前.comと同様に、有名なドメイン管理会社です。

ドメインを別に取得するならムームードメインお名前.comが、やはり大手ということもあり安心できます。

それぞれのサービスに不満はないですが、今思えば一箇所で取得したほうが管理がラク(=更新も忘れない)でよかったかなあと個人的には思っています。

ここではドメインを取る方法と、それぞれの方法でのメリット&デメリットを紹介します。備忘録として書いていますが、よかったら参考にしてみてください。

エックスサーバーで一括管理が便利!

独自ドメインを取得する方法

独自ドメインを取得する方法

独自ドメインを取得する方法は2つあります。
  • レンタルサーバー契約時に一緒に取得する
  • ドメイン管理会社で別に取得する

レンタルサーバー契約時に一緒にドメインを取得するメリット&デメリット

メリット

レンタルサーバー会社でドメインも一緒に取得するメリットは2つです。

  • 一括で管理できる
  • ドメイン管理会社で取得するより少しお安い場合がある

サーバーレンタルもドメインもだいたいは1年毎の更新なので、更新日や支払い状況を一括で管理できるというメリットは大きいです。

私はあまりよくわからないままにレンタルサーバーとドメインを別々に契約したので、今思えば同じにすればよかったと思いました。

エックスサーバー

私はエックスサーバーを利用していますが、エックスサーバーではときどきドメイン永年無料キャンペーンを行っているので、その際に契約すればドメイン名はずっと無料のままとなります。

エックスサーバーのドメイン永年無料キャンペーン詳細をみる(4/1まで)

ConohaWing

ConoHa WINGでもキャンペーンを行っていて、Wingパックで契約すると独自ドメインが1つ永年無料で取得できます(これ、ちょっとうらやましい)。

ConoHa WINGのパッケージ詳細をみる

デメリット

デメリットとまではいかないと思いますが、敢えて挙げるなら2つかなと思います。

  • ドメインの種類が少ない
  • サーバーを移管するときにドメインも移管する必要がある

ドメインの種類は多数あり、ちょっと変わったドメインを利用したい場合はレンタルサーバー会社にはあまり選択肢がありません。とはいえ珍しいドメインを使うことはあまりないと思うので、デメリットにはならないかもしれません。

ドメイン管理会社で別にドメインを取得するメリット&デメリット

メリット

ドメイン管理会社でドメインを取得するメリットは1つです。

  • ドメインの種類が多い
ドメインの種類が多いので、少し変わったドメインにしたい場合にはおすすめです。

デメリット

デメリットは2つです。

  • レンタルサーバー会社で取得するより少し割高になる
  • 管理が別々になる
個人的には管理が別々であることがちょっと面倒臭いです(^^;)。

ブログ運営をしているとIDとパスワードの管理がやたら増えるのと、レンタルサーバーやドメインは更新が必要なため、可能なら一括したほうが更新を忘れる..といったことを防げると思います。

※自動更新設定にすれば自動で更新されます。



独自ドメインを取得するときの注意事項

レンタルサーバー会社かドメイン管理会社でドメインを取る場合のどちらでも、格安キャンペーンを行っていることがありますが、

更新の料金をチェックすること

取得時は格安でも更新料金が高い場合は長期的に見たら高くつくので、両方チェックしたほうがいいです。

ただし、レンタルサーバー会社がサーバー契約時にドメインを取得すると永年無料などというキャンペーンを行っているときは本当にお得なのでおすすめです。

エックスサーバーのドメイン永年無料キャンペーン詳細をみる(4/1まで)

ConoHa WINGのパッケージ詳細をみる

ドメインを取得する方法まとめ

ドメインを取得する方法や、それぞれのメリット&デメリットを紹介しました。

備忘録として、私が利用しているドメイン管理会社と今後取得するときに検討したい会社をまとめたいと思います。

レンタルサーバー会社でドメインも取得する

エックスサーバー

1年で計算すると、

X10コース300GB13,200円(税込)

※キャンペーン期間中に契約すればドメイン永久無料
※.comのドメインは移管110円 / 更新1,298円
※2021年3月時点で案内されている内容です。

ConohaWing

1年で計算すると、

ベーシック300GB10,260円(税込)*キャンペーン価格

※通常価格は1年間で14,400円(税込)
※ドメイン無制限
※2021年3月時点で案内されている内容です。

ドメイン管理会社でドメインを取得する

お名前.com

お名前.comは登録後のメルマガの数が多いという話も聞いているので、それが鬱陶しいと感じる場合もあるかもしれません。キャンペーン価格は一番お安いかもしれません。

ドメイン新規2年目以降の更新
.com90円1,280円
.work1円990円

※2021年3月時点で案内されている内容です。

ムームードメイン

私がドメインをとったドメイン管理会社です。

ドメイン新規2年目以降の更新
.com950円1,480円
.work50円990円

※2021年3月時点で案内されている内容です。

こうやってまとめると違いがわかるから.comで取得したドメインはレンタルしているサーバー会社(エックスサーバー)に移管しようかなという気になってきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください