クリスマスギフトを大切な人へ贈ろう

乗り継ぎに余裕があるとき2時間で楽しむ!アムステルダムのおすすめ観光スポット6カ所を紹介します

Amsterdam

私はヨーロッパへ行くときは、乗り継ぎが便利なのでエールフランス航空かKLMオランダ航空を利用します。

特にKLMオランダ航空は空港がワンターミナルで乗り継ぎもしやすくリスクも少ないので、行き先がフランスの地方じゃない場合はよく利用しています。

それともう1つの理由、オランダに1年と少し住んでいたことがあるので慣れているからというのもあります。

行き先によっては乗り継ぎでアムステルダムでの待ち時間が5〜6時間になることがありますが、そんなときはいつも2時間程度ですがアムステルダムの街を散策します。

今日は2時間で楽しむアムステルダムの街を紹介したいと思います。

アムステルダムの魅力

空港から電車で30分もかからないところが便利なアムステルダムは、運河が美しくチューリップのイメージ通りいたるところに花市場がある街です。

アムステルダムの魅力

アムステルダム市内

アムステルダムの魅力

アムステルダムの魅力

治安も比較的良く、オランダの人もフレンドリーなので観光客には優しいです。

絵画が好きな人にとっては国立美術館やゴッホ美術館やかわいい雑貨を求めてのショップ巡り、ビール好きな人にとってはハイネケン工場、そしてアンネ・フランクの家など見どころはたくさんあります。

スキポール空港からアムステルダム市内へ

トランジット(乗り継ぎ)でアムステルダム市内を観光する場合は、入国審査後にいったん外へ出ます。

空港内にある一時手荷物預かり所

スキポール空港内には、一時手荷物預かり所(バゲージ・ストレージ)があるので手荷物を軽くしたいときは便利です。

場所はArrival 1と2のちょうど中間あたりにあります。

詳細については以下の記事を参考にしてみてください。

オランダ・スキポール空港で荷物を預ける!バゲージ・ストレージ(荷物預かり)の使い方

アムステルダム市内への移動は鉄道が便利

Arrivals(到着ロビー)に出るとターミナルに沿うようにショップがあり、ちょうど真ん中あたりに鉄道駅へ行くエスカレーターがあります。

スキポール空港マップ

出典元:Schiphol Amsterdam Airport オフィシャルサイト

スキポール空港からアムステルダム市内への移動は、以下の記事を参考にしてみてください。

オランダ・スキポール空港からアムステルダム市内までの移動は鉄道が便利

アムステルダムを2時間で楽しむ

1. アムステルダム中央駅

あまりにも有名な話ですが、東京駅はオランダのアムステルダム駅を真似て作られたと言われています。

それくらいに歴史があり建築的にも見どころのある駅なので、駅自体に一見の価値があります。

行く度に少しずつリニューアルされていて、街の中心とは反対側の改札からは運河を眺められるようになりました。

アムステルダム中央駅

アムステルダム中央駅

アムステルダム中央駅

2. 運河の風景を眺める

どこへ行っても運河のある風景に出会えるアムステルダム。
自転車が多いオランダならではの、あちらこちらに自転車が停めてある風景もまた絵になります。

アムステルダム 運河

アムステルダム 運河

アムステルダム 運河

アムステルダムの運河の風景

3. かわいい雑貨を探す

オランダには可愛い雑貨屋さんがいくつかありますが、私のオススメは2つです。

駅から近いところにあるDILLE & KAMILLEと、かわいい雑貨がいっぱいのオランダ発老舗のデパートHEMAです。

HEMA 雑貨

DEILLE & KAMILLE

HEMAの雑貨のイラストがかわいいので私は行くといくつか買ってしまうのですが、そのグッズはお土産にも最適です。

DILLE & KAMILLEはかわいくてお値段も手頃の雑貨屋さんです。

DILLE & KAMILLE

DILLE & KAMILLE

雑貨好きならいくつも持って帰りたくなるような雑貨がたくさんあって見るのも楽しいです。

TripadvisorでHEMAの口コミを読む
TripadvisorでDille & Kamille の口コミを読む

4. 冬ならオリボーレン(Oliebollen)を食べる

オリボーレンとは、12月になるとあちらこちらに屋台が出るオランダの冬の名物菓子(ドーナツ)です。

揚げドーナツに粉砂糖がまぶしてあるものですが、しつこくなくて美味しい!冬になると恋しくなるオランダ人も大好きな名物菓子です。

アムステルダムの冬の名物菓子オリボーレン

オリボーレン

オリボーレン

5. 名物Manneken Pisのポテトを食べる

たっぷりのマヨネーズをかけて食べるのがオランダ流の、いつ行っても行列ができているポテト屋さんです。

ポテトにマヨネーズ?と思われるかもしれませんが、これが意外と癖になります。

混んでいて並ぶ時間がないという場合は、中央駅構内にもポテト屋さんがあります(Manneken Pisではありません)。

Mannekenポテト

Manneken ポテト

Manneken ポテト

Manneken PIS オフィシャルサイトををみる

6. ダム広場周辺を散策する

ダム広場は、中央駅からは徒歩で5分くらいのところにありアムステルダムの中心の広場とも言えます。

王宮が目印になっていて、移動遊園地が設置されたり冬になるとクリスマスの屋台も出現します。

ダム広場

アムステルダムのダム広場

ダム広場

広場に面して建っている高級デパート、De Bijenkolf(バイエンコルフ)はきらびやかでちょっとのぞいてみるのも楽しいです。

個人的には、バイエンコルフのキャラクターであるクマのぬいぐるみがお気に入りでした。足の裏にデパート名の刺繍が入っていて記念になります。

まとめ

中央駅から徒歩で歩ける範囲内の場所を紹介しました。

クリスマスから年始まではダム広場には屋台やクリスマスツリーがあり華やかな雰囲気を楽しむことができるので、ゆっくり歩きながら散策するのも楽しいです。

観光地なのでスリには注意してくださいね。

Amsterdam MAP

雑貨巡りをするのに参考にした本があります。

オランダに住んでいたときには雑貨とかあまり興味がなかったので、この本に出会ってこんなに可愛い雑貨屋さんがあるんだと驚きました。

『Dille & Kamille』もここから見つけたのですが、KLMオランダ航空のCAさんも滞在するときには時々寄っているそうです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでもこの記事が参考になると嬉しいです。

2 Comments

tamami

> dennさん

ドイツではソーセージにもマヨネーズつけてるのですか?(驚)

皆マヨネーズつけて食べていたので22種類もソースがあること知りませんでした!
次にオランダに寄ることがあったらサムライソース試してみます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください