春から初夏にかけてのおすすめフランス

スペイン国境近くにある小さな町ポー(PAU)でピレネーの美しい眺めを楽しむ

PAU(ポー)の街

ポー(PAU)はフランス南西部のスペイン国境から近い場所にある小さな町です。

ポー(PAU)

行く前は小さな村だと思っていましたが、小さいけれど思ったよりは大きな街でした。

私はトゥールーズからルルドへ行きルルドで2泊している間に、ルルドから日帰りでポーへ行ってきました。

サンシルラポピーフランス南西部Toulouseを拠点に行く!ルルド・カオール・サンシルラポピー・カルカッソンヌ【女性ひとり旅】旅行日程まとめ

ルルドから鉄道で約30分、片道7.50ユーロ(2013年6月時点)でした。

ポーは当初は行く予定にしていなかったのですが、宿泊していたホテルのオーナーから【ポー】とポーから近いところにある【オロロン・サント・マリー】の村からピレネー山脈が見れるということを聞いて行ってみることにしました。

オロロン・サント・マリーはポーから急行列車で約40分です。

展望台から見えるピレネー山脈はとても小さく遠くに見える程度でしたが、ポーの街自体がかわいくて思った以上に街の散策が楽しかったです(でもあっという間に見終わります)。

ここではポーの見どころを紹介していきます。

フランス南西部の村 St-Antonnieフォアグラの産地フランス南西部には魅力がいっぱい!まるでおとぎの国の世界に迷い込んだかのような村が集結!

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

ポー(PAU)の町を散策

ポーの見どころは大きく分けると3つです。

  • 展望台からピレネー山脈を眺める
  • 城(シャトー)&国立美術館
  • 歴史地区を散策

本格的にピレネー山脈を見に行こうと思ったら、スペインからトレッキングに参加したりとちょっと大掛かりになるので「ピレネー山脈見たよ!」という記録が欲しい場合には最適の場所です。

>> VELTRAでピレネー山脈へ行くツアーをみる(スペイン発)

ルルドからポーへ

私はルルドで宿泊したホテルで朝食をとった後、9時過ぎにホテルを出て駅へ向かいました。

ルルドの街の中心にある【Hotel Notre Dame de Faurviere】はサンクチュアリからも近くて便利!

ルルド駅は市街地まで少し距離があるのと市街地から駅方面は上り坂になるため、余裕をもって20〜30分くらい見て駅へ向かいました。

駅でポーまでの往復チケットを購入(片道7.5ユーロ/2013年6月時点)。

ルルドからポーまでの料金は5ユーロから12ユーロくらいまでの幅があります。※時間帯やクラスにより料金が変わります(2019年4月確認)。

SNCF時刻表の見方TGVは事前に購入したほうがお得!フランス国鉄(SNCF)サイトで料金の確認方法と予約方法のまとめ

11時頃ルルド発(10:22発から30分遅れ)/ 11:35ポー到着

ポー(PAU)駅

ポー駅は小さなかわいい駅。

駅を出たらすぐ近くにあるケーブルカー乗り場へ向かいました。

ピレネー大通りからピレネー山脈を眺める

駅からケーブルカーに乗って上へ上がります。

ポーのケーブルカー

ポーのケーブルカー

ケーブルカーを利用して上がった先にあるのがピレネー大通り。

恐らくポーの街で一番観光客が集まっている場所で、皆の目的は多分同じでピレネー山脈を眺めること。

ピレネー山脈

ピレネー山脈

遠くに小さくしか見えないけれど、確かに見えました!

ピレネー山脈とは、ユーラシア大陸西端部のイベリア半島の付け根付近をほぼ東西方向に走る、長さ約430 kmの褶曲山脈である。(中略)フランス、スペイン、アンドラ公国の3か国にまたがっている。Wikipediaより

ポーの旧市街を散策

目的の1つを果たしたらポーの街を散策。

ポーの街

ポーの街を散策するなら、駅から近い場所にあるのはシャトー(お城)と教会を先に見たほうが効率がいいです。

とは言っても小さな街であっという間に見てまわれるので、私は計画を立てずにただ気ままに歩いて見てまわりました。

ポーのシャトー

修復中だったシャトー(お城)。※2013年6月時点

シャトーは国立美術館になっています。

ポーの街

ポーの街

ポーの街

ポーの街を散策

壁や窓の色合いを見ながら旧市街を散策するのは楽しいです。

ポーの街

ポーの街

ポーの街を散策

プチトランでポーの街を観光

ヨーロッパの街を歩いているとよく見かけるのが、小さなトレインに乗って街をひとまわりする観光列車。

ポーでも見かけたので私も乗ってみました。

30分くらいの観光で6ユーロでした(2013年6月当時)

手っ取り早くポーの街を観光するにはおすすめです。

美味しいパテのお店【Bord de Gave】※2015年に閉鎖

旧市街で看板が目に止まりふらりと入ったお店が【Bord de GAVE】。

気さくなオーナーが日本のグルメ雑誌にも掲載されたんだよって本を見せてくれたソースやパテのお店ですが、残念ながら2015年にクローズしたようです。

Bord de GAVE - PAU

魚料理にも肉料理にも合わせやすいソースが美味しかったのでポーへ行くことがあったらまた行きたいと思っていたこともあり、クローズしたことが残念です。

ポーの街を散策まとめ

私は11時半頃ポーに到着してひと通り観光した後、適当なレストランに入ってランチをしました。

割とゆっくり観光したのですが15時半頃には何もすることがなくなり、早めの列車で戻るつもりで駅に戻りました。

列車が行きと同様に遅れていたので、17時半頃に出発してルルドには17:50頃到着しました。

余談ですがポー駅近くの大通りにある並木道に植えてある大きな木の形が角切りで面白かったです。

ポー駅の近くの並木道

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

 

フランスの田舎へ行くならこの1冊!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください