zoom使い方まとめ

Macbook Proを使ったダンス&フィットネス系オンラインレッスンでzoomの音質と音ズレを向上させる3つの方法 *ホスト側で出来る設定方法

zoomの音質を良くする方法

最近では会議アプリzoomを使ってオンラインレッスンを受ける機会も多いです。

オンラインレッスンを受けるために必要なものMacbook ProやiPhoneでオンラインレッスンを受けるためにzoomアプリのインストール方法と基本的な使い方を紹介!

私自身は受ける側ですがフィットネス系オンラインレッスンを受けた時に、音が小さい&インストラクターの声が聴こえづらい・音がズレることもあったので音質をよくする方法がないか調べていました。

音質を良くする方法を試す大前提として、ホスト側と受ける側の通信環境が安定していることは絶対条件です。

うちの場合は通信環境は光を利用、速度を最高の状態で使うために有線LANケーブルを利用しています。

au光とNURO光の比較NURO光は本当に速いのか?au光から乗り換えたので速度を比較してみた! *計測結果あり インターネットを高速化する方法Macbook Proを有線(LANケーブル/Ethernetケーブル)で接続して利用する方法と手順を紹介!周辺機器は速度重視で選ぶ

通信環境を整えた上でより良い音質(音のズレがない&途切れることがない)でレッスンを行う場合は、ホスト側でいくつかの設定をすることで改善されます。

  1. 音質を良くする(1)*zoomの設定
  2. 音質を良くする(2)*LadioCast(ミキサー)と併用
  3. 音質を良くする(3)*ミキサーやリベリアマイクを利用

3番以外は自宅にあるパソコンと外部スピーカーで検証しましたが、1だけでも格段に音質が良くなり音ズレもなくなります。

音質はいくつか検証しましたが、zoom側の設定でホスト側がコンピューターの音楽を共有することで格段に良くなります。

そもそもzoomは会議アプリなのでスタジオのような完璧を目指すのは難しいです。

ミキサーやリベリアマイクを使えば多少はスタジオのような環境に近づくかもしれないですが、そこまで費用をかけれない場合がほとんどだと思うのでここでは1と2の方法を紹介します。

映像と音のズレ解消についての検証については以下の記事を参考にしてみてください。

zoomでオンラインレッスンを音ズレなく受けるには?検証してみたzoomオンラインフィットネス系レッスンで映像と音ズレの原因と解消する方法を考察してみた!Macbook Pro&Air&iPhoneで検証

zoomで音質を良くするための設定

zoomの音質を良くするには3つの方法があることがわかったので、3番以外は自宅でも検証してみました。

  1. 音質を良くする(1)*zoomの設定
  2. 音質を良くする(2)*LadioCast(ミキサー)と併用
  3. 音質を良くする(3)*ミキサーやリベリアマイクを利用

音質を良くする(1)*zoomの設定

オンラインレッスンを受けるために必要なもの

zoom側の設定をするには、以下の手順で行います。

zoomを立ち上げる→zoom.us(アプリ)を立ち上げる

右上の鍵マークから【設定】を開きます。

PCを外部スピーカーと接続する方法

オーディオ→詳細

左側メニューのオーディオを選んで、右下にある【詳細】ボタンをクリックします。

zoomの音質を良くする方法

詳細設定で以下の設定を行います。

zoomの音質を良くする方法

  • 連続的な背景雑音の抑制→無効化にする
  • 断続的な背景雑音の抑制→無効化にする
  • エコー除去→自動のまま

音楽を共有する(ホスト側の設定)

音質を良くしたい場合は、パソコン(iTunes)から流している音楽を共有することで格段に良くなります。*動きのズレやエコーもなくなります。

設定方法はzoomにログインした後に、

【画面を共有】をクリック

zoomの音質を良くする方法

【詳細】→【コンピューターサウンドのみ】を選択

zoomの音質を良くする方法

コンピュータサウンドを共有することで音質は良くなりますが、1点だけ注意することがあります。

zoomでオンラインレッスンをするときは参加者が入室する時間は様々だと思いますが、全員の入室を確認後に一度音楽を止める=コンピュータサウンドの共有も止めと音ズレがないようです。

理由はわかりませんが音楽共有をしている状態で入室を承認すると、音ズレが生じるみたいです。

zoomでオンラインレッスンを音ズレなく受けるには?検証してみたzoomオンラインフィットネス系レッスンで映像と音ズレの原因と解消する方法を考察してみた!Macbook Pro&Air&iPhoneで検証

音量の調整(受ける側の設定)

音が小さい場合は、受ける側がzoom側とパソコン側の両方で音量を調整することで改善します。

zoomの音質を良くする方法

zoomアプリの音量調整は以下の手順で行います。

  1. 右上の設定をクリック
  2. 設定画面になっていることを確認
  3. オーディオを選択
  4. Speakerの音量を調整
zoomの音量を事前に最大にしておいて、オンラインレッスン中はパソコン側で調整できるようにするとやりやすいです。

音質を良くする(2)*LadioCast(ミキサー)と併用する

zoomの音質を良くする方法

調べているうちにLadioCastというMac内のオーディオ入出力をルーティングするためのアプリがあることがわかりました。*Macのみで利用可能です。

4イン/4アウト/4バスのミキサーを装備し、入力デバイスから出力デバイスへオーディオデータを自由にルーティングする  LadioCast説明文より抜粋

ルーティングとは、異なるネットワークにパケットを送信するときに最適な配達経路を決めることです。経路選択、経路制御とも呼ばれます。ネットワークのなかで、最も大切な機能の一つです。YAMAHAホームページより

LadioCast はApp Storeで無料で購入が可能です。

設定方法の原理は良くわからないのですが、ミキサーは出力される音を調整するものなので、画像のように設定したらうまくマイクの音が音楽とのバランスよく聞こえるようになりました。

事前にmacとマイクをBluetoothで接続した上で、以下の設定を行います。

zoomで音質を良くする方法

  1. 入力2に、利用するBluetoothマイクを設定
  2. Aux1をオンにする(メインはオフのまま。オンにすると自分の声もマイクに跳ね返ってくる)。
  3. 出力 Aux1で、利用するBluetoothマイクを選択する

その上で、Mac自体の音量も調整します。

システム環境設定→サウンドを開きます。

zoomでオンラインレッスンをするときに音質を良くする方法

画像は内蔵マイクを選択していますが、Bluetoothのマイクを繋いでいる場合はここに表示されるので利用するマイクを選択します。

  1. 入力をクリック
  2. 音量をMAXに調整

マイクは(1)内蔵マイク(2)Bluetoothイヤホンマイク(3)Bluetoothヘッドセットの3つで検証してみましたが、ヘッドセットの方が確実に音を拾いました。

ミキサーなしでも検証してみましたが、ミキサーなしだとマイクの音が小さく聴こえづらくなったのでミキサーありの方が効果があります。

現時点ではこの方法がベストですが、受ける側としてパソコンで音声を聞くとスマホよりも音声が少し小さいのでそれが課題です。

音質を良くする(3)*ミキサーやリベリアマイクを利用

zoomの音質を良くする方法

※ミキサーやリベリアマイクは検証していないので(そもそも持っていない)、以下は自分用メモです。

音楽配信をしているミュージシャンの方達からの情報によると、音楽をクリアにして且つ声もクリアに出したい場合はミキサーやリベリアマイクを使うことで解消されるっぽいです。

やや本格的なので設備投資にそれなりの費用がかかります。
  • ミキサー型オーディオインターフェイス
  • リベリアマイク

オーディオインターフェイスとは、楽器やマイクの音をパソコンで取り込めるように変換するためのものです。

ミキサーとは、楽器やマイクの音をまとめて、混ぜたりバランスを整えたりして出すものです。

オーディオインターフェイス初心者向けとして有名なのがYAMAHAのウェブキャスティングミキサーです。

ウェブキャスティングに便利な機能を備えた音楽・音声用6チャンネルミキサーです。ループバックに対応した2チャンネルUSBオーディオインターフェース機能を備え、様々な楽器やマイクと接続できるほか、アンプシミュレーターを含む多彩なエフェクトを内蔵しています。引用元:YAMAHAホームページより

YAMAHAのウェブキャスティングミキサーは下位のAG03モデルもありますが、入力数が多いのはAG06モデルです(USBケーブルでパソコンに接続が可能)。

  • インターネット配信時に便利なループバック機能
  • さまざまな接続に対応 *スマホに付属のマイク付きイヤホンは使えない可能性あり
  • ワンタッチで使えるDSPエフェクト
  • AG DSP Controllerで自分好みの音作り
  • 192KHz/24bitのハイレゾリューション
  • モバイルに便利な電源システム
  • iPad接続に対応  など

参考になるサイト:DTM初心者のためのオーディオインターフェイス選び 2020

zoomで音質を良くするための設定まとめ

zoomを利用したオンラインレッスンで音質を良くするための方法を備忘録として紹介しました。

  1. 音質を良くする(1)*zoomの設定
  2. 音質を良くする(2)*LadioCast(ミキサー)と併用
  3. 音質を良くする(3)*ミキサーやリベリアマイクを利用

音楽をパソコン上から流さずオーディオを利用する場合は、少しでも音質のいい外部スピーカーを利用することでほんのちょっと解消されます。※但し、音のズレはあるかもしれません。

PCを外部スピーカーと接続する方法パソコン(Macbook Pro)でZoomオンラインレッスンの音声(オーディオ)を外部スピーカーで聴く方法と設定

最後まで読んでくださりありがとうございました。
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

Amazon Echo Dotsをスピーカーとして利用する方法AmazonのEcho DotをMacbook Pro(PC/パソコン)とBluetoothで接続してスピーカーとして利用する方法を紹介! PCを外部スピーカーと接続する方法パソコン(Macbook Pro)でZoomオンラインレッスンの音声(オーディオ)を外部スピーカーで聴く方法と設定
Amazonでお得に買い物をする方法
普段Amazonで買い物をすることが多いならAmazonギフト券(チャージタイプ)を購入すると、ポイントが貯まりお得です。

チャージ額に応じてプライム会員は最大2.5%(通常会員は2.0%)のAmazonポイントが貯まります。

amazonギフト券チャージタイプ

CHARGE NOW !

 

1.チャージタイプを注文する

2.コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う

3.ポイントを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください