春から初夏にかけてのおすすめフランス

ニコンD810におすすめの単焦点レンズ【35mm f1.4g】と【50mm f/1.8G】を比較してみた!

NIKON 35mmと50mmレンズ比較

私はニコンの一眼レフカメラD810を愛用しています。

初めてフルサイズのD810を買った後に最初に買ったレンズは【AF-S NIKKOR 35mm f1.4g】です。できればレンズ沼にハマりたくなかったので、迷いに迷って何度も量販店に通い検討してこのレンズに決めました。

  • ふだん撮るものはインテリアや雑貨・家の庭が多い
  • 海外旅行に持って行くときも万能で使える(風景・雑貨)
  • ボケ感がとにかく最高にいい
私は風景写真家ではないのでふだん雑貨やインテリアを撮ったり海外旅行へ行くときも35mmで不便を感じることがありません。

35mmレンズを2年くらい使った後に【AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G】を購入しました。

50mmレンズを買った理由はポートレート(人物撮影)にも使えるのに最適なレンズが欲しかったからです。

私が選んだ【AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G】はいわゆる撒き餌レンズと言われていて安価なものですが、映りに関しては35mmレンズと大差ないです。

今は持っている単焦点レンズの中でも35mmと50mmの2本を愛用していて、海外旅行へ行くときもこの2本を持っていきます。

私はメインで使うのは35mm、サブで使うのは50mmレンズです。

ここでは私が35mmと50mmレンズをどのように使い分けているのか、それぞれの良さと感じたデメリットを紹介していきます。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4GとAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gスペック比較

私が両方のレンズを使っていて感じるのは、焦点距離が異なる点以外で大きな違いは【重量】くらいしか思い浮かびません。

オット

重量以外にも値段は大きく違うよね。35mmはそれなりの金額だけど50mmは割と手軽に買える金額だぜ。

それくらい映りに関しては大差がなく、もしどちらを買うか迷っているとしたら【どんなものを撮りたいのか】を考えて選んだほうがいいです。

どんなものを撮りたいのかよくわからない場合は、お値段も安価の50mmをオススメします。
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4GAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
型式
ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-Sレンズ
ニコンFマウントCPU内蔵Gタイプ、AF-Sレンズ
焦点距離
35mm
50mm
最大口径比
1:1.4
1:1.8
レンズ構成
7群10枚(非球面レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり)
6群7枚(非球面レンズ1枚)
画角
63°(35mm判一眼レフカメラ、FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
44°(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時:
52.5mmレンズの画角に相当(FXフォーマット/35mm判換算)
47°(35mm判一眼レフカメラ、FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)
31°30′(DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ)DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時:
75mmレンズの画角に相当(FXフォーマット/35mm判換算)
撮影距離情報
カメラへの撮影距離情報を出力可能
カメラへの撮影距離情報を出力可能
ピント合わせ
RF(リアフォーカス)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
撮影距離目盛
∞~0.3m、1ft(併記)
∞~0.45m
最短撮影距離
0.3m
0.45m
最大撮影倍率
0.19倍
0.15倍
絞り羽根枚数
9枚(円形絞り)
7枚(円形絞り)
絞り方式
自動絞り
自動絞り
最大絞り
f/1.4
f/1.8
最小絞り
f/16
f/16
測光方式
開放測光
開放測光
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ)
67mm(P=0.75mm)
58mm(P=0.75mm)
マウントアダプターFT1適否
AF駆動可
AF駆動可
寸法
約83mm(最大径)×89.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
約72mm(最大径)×52.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量
約600g
約185g

参照元:

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gを選んだポイント

私が35mmを検討し始めてから多分半年くらいは量販店に通ったりネットで調べたりして、買うかどうかを迷っていました。

とりあえず買って試してみようというような価格ではなかったので、迷いに迷って決めましたが後悔は全くなくこのレンズを選んでよかったです。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gはふだん使いにも旅行にも万能で便利

私は自宅のインテリアや雑貨・自宅の庭の写真を撮ることが多いです。

ムスカリ

D810を使う前はD7100を使っていて、レンズは単焦点の60mmマイクロレンズと24mmの広角レンズを使っていました。

D7100に24mmを組み合わせる場合は換算すると35mmくらいの距離感なのでちょうどよかったのですが、D810に組み合わせると写したくない余計なものが入ってきます。

35mmレンズは余計なものが入らないギリギリの画角で使いやすいです。これは外食をした時にテーブル料理の写真を撮るときに一番感じるのですが、料理までの距離感や奥行きの映り込みがちょうどいいです。

NIKON 35mmレンズ

Le Petit Chatletパリのお洒落でかわいい一軒家レストランならサン・ジェルマンにある「LE PETIT CHATELET」がおすすめ!

NIKON 35mmレンズ

NIKON 35mmレンズ

Perles de Saveursストラスブールで絶品フォアグラを食べるならレストラン【Perles de Saveurs】がプティット・フランスからも近くておすすめ!

ふだん撮りたいものをサクッと撮るときにも35mmの距離感は私には最高にいいです。

原種のチューリップ

アルメリア バレリーナ

大好きなボケ感はf1.4なので言うまでもなく最高です。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gのデメリット

【AF-S NIKKOR 35mm f1.4g】を使っていてデメリットを感じるとすれば2つです。

  • 大きくて重い
  • ポートレートには不向き

35mmレンズの重さを測って見たら672gありました。

NIKON 35mmと50mmレンズ比較

小さなお皿に乗せた大リンゴ1個と小トマト1個と同じくらいの重さです。

D810本体(880g)と合わせるとけっこうな重さになるので、気軽に散歩しながら写真を撮りたいという時には女性には不向きかもしれません。

ポートレート(人物写真)を撮るときにも、被写体にかなり近づいて撮る必要が出てくるため35mmをポートレートに使うには不向きかなと思います。

ポートレート講座に出た時35mmレンズを使ったら、人物との距離感が近くなりすぎてモデルさんが緊張するということがありました。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを使うシチュエーションは?

私が50mmレンズを欲しくなったきっかけはポートレート(人物写真)を撮りたいと思ったのがきっかけです。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを使うと便利な点

人物写真を撮る時には(場所にもよるのですが)50mmの距離がちょうどいいです。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G作例

奥行きがあまりない場所では80mmは近すぎて、35mmだと胸から上の写真を撮るには人物に近すぎるので50mmレンズだと程よい距離があるからちょうどいいです。

家族とか親戚で近づいても動じない場合は35mmレンズでもいいと思います。

旅行へ行った時は遠くの風景を撮る時にも、余計なものが入らないので便利です。

50mmレンズでパリの風景

50mmレンズでパリの風景

  • ポートレート(人物写真の胸から上のカット)にちょうどいい
  • 遠くの風景を撮るときに便利
  • 商品撮影に向いている
  • ボケ感は最高にいい
f1.8gというF値もボケ感がかなりよく、安価の割にはコスパがすごくいいので持っていて損はないレンズです。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gを使いづらいと思うのはどんなときか

ボケ感は最高なんですが、レストランへ行った時にテーブルに座ったまま料理の写真を撮る時は近すぎて料理の全容を写すことができません。

例えばこの写真はテーブルに座ったまま写したものですが、ワイングラスを少し奥に移動して撮ってもギリギリでグラス下部分は切れてしまいます。

50mmレンズ

2人の料理が運ばれた状態で手前の料理の写真を撮ろうとすると、下の部分が切れてしまいます。

NIKKOR 50mm

この時は50mm1本しかレンズを持って来ていなかったので、料理の写真はほとんどスマホで撮りました。
Le Comptoir du Ralaisパリのおすすめレストラン「Le Comptoir du Ralais」はサンジェルマンで行列ができる人気のビストロ
海外旅行で町歩きをするときにレンズ1本だけ持っていくときには50mmよりも35mm1本のほうが撮りやすいです。

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4GとAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G比較のまとめ

NIKONのレンズ【AF-S NIKKOR 35mm f1.4g】と【AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G】の比較を紹介しました。

どちらもボケ感は最高なのでシチュエーションによって使い分けたらいいと思っていて、私の場合はふだん使いには35mm、ポートレートを撮るときには50mmをメインで使います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

NIKKOR 35mm f1.4gD810に合わせるニコン単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35mm f1.4g」が好きでたまらない理由を語る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください