ニコン単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 35mm f1.4g」が好きでたまらない理由を語る

NIKKOR 35mm f1.4g

私はNIKONの一眼レフカメラD810を使っていて常用しているレンズは単焦点レンズAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gです。

35mmレンズは私にとって3本目のレンズで持っているレンズの中では一番高額です。

高額だからいいとかいうことではなくてAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gは高いなりの理由があります。

  • F値が1.4で開放されている=ボケ感の美しさがすごい
  • ナノクリスタル採用=反射を防ぐ

ナノクリスタルとは:あらゆる撮影条件下で、NIKKORレンズならではの鮮鋭な解像力と豊かな階調表現を生かした新しい映像表現を可能にするために。「ナノクリスタルコート」は、ニコンが半導体露光装置の投影レンズに採用されたナノ粒子膜をカメラの交換レンズに応用した革命的な反射防止技術です。引用元:NIKONオフィシャルサイト

解像度がどうとか高いなりの理由は他にもありますが、私がAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gを選んだポイントがまさにこの2つでした。

単焦点レンズのボケの美しさと明るさが大好きで単焦点レンズしか使っていないのですが、AF-S NIKKOR 35mm f/1.4gはそのボケと明るさが自然できれいです。

>> 詳しい仕様をNIKONのオフィシャルサイトで見る

F値が低ければ低いほどボケ感が出て、f1.4やf1.2ともなると高額になります。いつかf1.4が1本は欲しいと思っていました。

私が撮る写真はインテリアや自宅のガーデン、海外旅行のときの風景が多いです。

結論からいうとAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gのボケ感の美しさはかなり気に入っていて、他のレンズも時々使いますが一番しっくりくるのがAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gです。

ここではAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gを選んだ理由や使い勝手について書いていきたいと思います。

こだわった購入ポイントと経緯

私は単焦点レンズが大好きなので、手持ちのレンズは単焦点レンズだけです。

撮りたいものを明確にして検討する

単焦点レンズで対象物を撮る時は自分の足を動かしてファインダーに入る範囲を決めていくので、レンズを選ぶ前にまず何を撮りたいのかを考えてから対象を絞っていきました。

  1. 撮りたいものを明確にする
  2. 何ミリレンズにするかを決める
  3. 価格と性能を比較検討する

1. 撮りたいものを明確にする

単焦点レンズを選ぶ上で「何を撮りたいのか」を明確にすることは重要です。

私が初めて単焦点レンズを買いに行った時もニコン担当者の方から最初に聞かれた一言は「どんなものを撮りたいですか?」でした。どのお店に行っても最初に同じことを聞かれます。

NIKKOR 35mm f1.4g

それくらいに「撮りたいものによってレンズを決める」ことは後でレンズ沼(次々とレンズを買っていくこと)にハマらないためにも重要です。

私の場合は以下の3つが主に撮りたいものでした。

  • 自宅のインテリアやガーデン
  • 旅行へ行った時の風景
  • 街歩きのスナップ

明確にしたほうがいい理由は、撮る対象物によって適切なレンズの距離があるためです。

例えばポートレートにふさわしいレンズは50〜80mmと言われていますが、私自身ポートレート講座を受けてみてその理由がわかりました。

人物を撮るときはモデルさんがよほど慣れてない限り、近づけば近づくほど緊張し自然な状態が撮れなくなります。

実際に講座を受けて撮ったり撮られたりしながら、50〜80mmくらいがほどよく距離を置いて撮れる距離なんだと腑に落ちました。

私はポートレートではなくてスナップ写真を撮りたいので、そのためにちょうどいいレンズを検討していきました。

撮りたいものがよくわからない場合はフルサイズカメラなら35mmか50mm、APS-Cカメラなら35mm(換算50mm)くらいがちょうどいいと思います。

2. 何ミリレンズにするかを決める

私がよく撮る写真は自宅のインテリアやガーデンです。

NIKONのレンズ35mm

自宅は広くないので狭い場所でも広く撮りたい、でも余計なものは写したくない(掃除をしてない範囲まで写ったら困る)というのが希望でした。

手持ちのAF-S NIKKOR 24mm f1.8g EDだと広く撮れすぎるので24mm以上で35mmか50mmで迷いましたが、ヨドバシカメラなどのカメラ量販店に通ってレンズをのぞいてみたり口コミサイトの口コミを読んだりして比較検討していきました。

>> 価格コムのレビューを読む

▼実際に24mm / 35mm / 50mm / 60mmで比較した画像を掲載します。

NIKONレンズ比較

●AF-S NIKKOR 35mm f1.4

NIKKOR 35mmf1.4

●AF-S NIKKOR 24mm f1.8

NIKKOR 24mmf1.8

●AF-S NIKKOR 50mm f8

NIKKOR 50mmf8

●AF-S NIKKOR 60mm f3

NIKKOR 60mmf3

対象物からどれくらい離れて撮るのかは人によって好みがあると思いますが、私は50cm〜1mくらい離れて撮ることが好きなので35mmで撮る写真が一番好きでフィットしました。

NIKONのオフィシャルサイトでは夜景を撮るにも最高のレンズだとキャッチにあるので、風景や夜景にもぴったりのレンズだと思います。

>> NIKON公式サイトの撮影サンプルを見る

F値が低いので明るい

単焦点レンズの特徴として、F値が低ければ低いほどボケが美しく出ます。

ニコンが出している単焦点レンズの中でF値が低い(開放値が高い)のは1.4なので、1本は1.4シリーズを持ちたいとずっと思っていました。

よく使う35mmでF値が1.4なら最高だと思い、思いきって買うきっかけになりました。

使ってみたら1.4シリーズを揃えたくなるくらい単焦点レンズのボケの美しさに感動しました。

▼実際にf1.4 / f3.5 / f10 / f16で比較した画像を掲載します。

●AF-S NIKKOR 35mm f1.4

NIKKOR 35mm f1.4

●AF-S NIKKOR 35mm f3.5

NIKKOR 35mm f3.5

●AF-S NIKKOR 35mm f10

NIKKOR 35mm f10

●AF-S NIKKOR 35mm f16

NIKKOR 35mm f16

f1.4と最大値のf16でボケ具合が違うことがわかります。

私が一眼レフカメラを買うきっかけになった理由がそもそも「背景をぼかしたい」なので、AF-S NIKKOR 35mm f/1.4gはボケが最高に出るということがたまりません。

ボケ感の美しさならこのレンズ

ボケが楽しい

このレンズを買ってから私は他のレンズをあまり使わなくなりました。

それくらいにボケ感の出る表現が楽しいです。

NIKKOR 35mm f1.4g

NIKKOR 35mm f1.4g

NIKKOR 35mm f1.4g

NIKKOR 35mm f1.4gで撮影サンプル

デメリットは重い&高い

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4gの質量は600gです。

NIKKOR 35mm f1.4g

正直言って重いです。笑。

D810のボディが880gなので合わせると1キロ超え。ずっしりと重いのが難点だということ、そして金額もそれなりにします。

>> NIKONオフィシャルサイト単焦点レンズラインナップ

でもそれでもこのレンズの写りが私は大好きなので、1本だけレンズを選ばないといけないとしたら迷うことなくAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gを選びます。

それくらいに大好きなレンズです。

レンズを守るプロテクター

レンズを買う時は私は必ずプロテクターも一緒に購入します。

Kenko Pro プロテクター

私は初めてレンズを購入したとき量販店で薦められたので一緒に購入して装着しているのですが、1度自分の不注意でテーブルからカメラを落としたことがあります。

そのときプロテクターは破損したけれどレンズは無事でした。それ以来プロテクターの重要さを痛感しているので新しいレンズを買う時も必ずセットで買います。

プロテクターはお値段ピンキリですが私は中間くらいのものを選んでいます。

まとめ

私がNIKON D810を購入したときに持っていたレンズは2本でした。

  • AF-S NIKKOR 24mm f1.8g ED(355g)
  • AF-S NIKKOR 60mm f2.8g ED(440g)

それまで使っていたD7100に合わせて使っていたときは24mmレンズ(35mm換算)がちょうどよかったので、D810に合わせるレンズもAF-S NIKKOR 35mm f/1.4gがぴったりでしかもボケ感がかなりいいので写真を撮るのがより楽しくなりました。

重いのが難点だけどそのためにも日々筋トレに励んでます。笑。←ほんとです。

f1.4のボケの美しさを見る度に写真を撮るのが楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください