ポルトガルで最も美しい村と呼ばれるモンサラーシュの行き方と見どころ

モンサラーシュの夕陽

2016年12/27〜2017年1/4まで、個人旅行(2人)でポルトガルへ行ってきました。

私はポルトガルを訪れるのは3度目でしたが、初めて行ったときに行きたくてでも交通の便が不便で諦めた場所がありました。

『夕暮れ時と朝陽が昇るときに沈黙が訪れる』と言われている村、それがエヴォラ近郊にある『モンサラーシュ』です。

ここではこの旅の最大の目的だった「ポルトガルで最も美しい村」のひとつモンサラーシュ(Monsaraz)の村について、紹介していきたいと思います。

旅全体のスケジュール

ポルトガル旅の全体のスケジュールについては、以下の記事を参考にしてください。

【まとめ】ポルトガル旅行記(2016年12/26〜2017年1/4)

ポルトガルで最も美しい村、モンサラーシュとは

『夕暮れ時と朝陽が昇るときに沈黙が訪れる』と言われているモンサラーシュは、スペインとポルトガルの国境近くにあります。

モンサラーシュの夕陽

私はガイドブックでこの村の写真を見た瞬間に「ここへ行きたい!ここで夕陽を眺めたい!」と思うほどモンサラーシュの風景に惹かれて、それが今回の旅の目的になりました。

モンサラーシュへの行き方

出発前に観光局のサイトや体験記のブログをとにかく調べまくったら、モンサラーシュへ行くにはAlentejo社のバスを乗り継いでいくしか方法がないようでした。(行きも帰りもReguengos Monsarazで乗り換える)

  • Evora –(バス)→ Reguengos Monsaraz(乗り換え) –(バス)→ Monsaraz

>> rodoviaria do Alentejo社のオフィシャルサイト

>> Evora Turismo オフィシャルサイト

出典元:rodoviaria do Alentejo社のオフィシャルサイト

サイトによるとReguengos MonsarazからMonsarazへ行くバスは学校(ESCOLAR)のない日は朝と夕方の2本で、学校がある日は昼間も加えての3本となります。

学校の有無は観光局へ問い合せたらわかるのですが、1日に2本しかないという前提でスケジュールを組んだほうが確かです。

ただ調べたら、行きも帰りもReguengos Monsarazで数時間の待ち時間が発生するため、Reguengos Monsarazからは事前にタクシーを手配して行ったほうが時間の節約になります。

タクシーの手配は、宿泊するホテルなどで依頼すれば確実に手配してもらえます。

私たちも最初はバスとタクシーを乗り継いでモンサラーシュへ行くつもりでした。

でも今回はひとり旅じゃないしヨーロッパでの運転に多少慣れている夫が一緒なので、時間の短縮も考えてエヴォラからレンタカーを利用することにしました。

ポルトガルでレンタカーを借りるときの手続きから返却まで

エヴォラからモンサラーシュへ車で移動

エヴォラに滞在した翌朝、エヴォラのHeartzでレンタカーを借りました。

レンタル期間は1泊2日で、エヴォラ→マルヴァオン→モンサラーシュ→エルヴァス→エヴォラとまわりました。

レンタカーで効率的にまわる!アレンテージョ地方の可愛い村

事前に調べて、エヴォラからマルヴァオンへ寄ってモンサラーシュへ行っても夕陽には余裕で間に合う予定でした。

ところが、マルヴァオンでとったランチが予想以上に遅くなり、予定していた時間よりだいぶ遅れてマルヴァオンを15時過ぎの出発となりました。

事前に調べた情報では、日の入りは17時過ぎくらいからで、マルヴァオンからモンサラーシュまでは約2時間半かかります。

 

案の定、沈む夕陽を見るには間に合わず、本来なら宿泊するホテルのテラスからワインを飲みながら眺める予定だったのですが、実際はモンサラーシュに向かう車の中から夕陽色に染まる空を眺めることになりました。

パーキング(無料)は、城壁のまわりに大きな駐車場が2つありました。

私たちが到着したときは、私たちの車を含めて2〜3台くらいしかなくガラガラに空いていました。恐らく、日帰りで観光に来る人はそれなりに多くても、宿泊する人はこの時期はそんなに多くなかったんだと思います。

モンサラーシュ

駐車場

駐車場から城壁を眺める

パーキングからの眺め

モンサラーシュは丘の上に位置していて周りに遮るものが何もないので、パーキングから眺める大パノラマや地平線を眺めるだけでもキレイです!

宿泊したホテル

村の中にはいくつか宿泊施設がありますが、選択肢があるほどではありません。

私は『Casa Dona Antonia – Turismo Rural em Mosaraz』の口コミをTripadvisorで読んでから、booking.comで予約を入れました(1部屋1泊90ユーロ)。

宿泊したホテルについては以下の記事を参考にしてみてください。

モンサラーシュ(Monsaraz)でホテルに泊まるなら【Casa Dona Antonia – Turismo Rural em Mosaraz】がおすすめ!

モンサラーシュの村を散策

30分もあれば見てまわれるくらいに小さな村です。でもお土産屋さんをまわったり村のあちらこちらを見てまわるなら、数時間は欲しいところです。

夕暮れ時のモンサラーシュの町並み

モンサラーシュの村

夕暮れ時のモンサラーシュの町並み

いたるところにあった、クリスマスのオブジェ。間近で見ると少し怖いのだけど、遠くから見たらまるで巡礼者が訪れたかのようでした。

クリスマスのオブジェ

モンサラーシュの村

クリスマスのオブジェ

翌朝は少しだけ早起きして、朝陽を見るために7時頃外へ。

でもまだまだ外は薄暗く、7時半くらいになったら少しずつ明るくなってきました。すごく寒かったけどすごくきれいだった。外を歩く人もなく誰とも会いませんでした。

モンサラーシュで見た朝陽

朝陽を眺める

朝陽を大パノラマで

朝陽

手前の湖の向こうは、スペインなんだそう。

村から眺めたお城

クリスマスのオブジェ

村には、レストランが数軒とお土産屋さんが2〜3軒あります。どのお店も10時くらいにならないと開かないのですが、1軒だけ開いていたお土産屋さんに入りました。そこでポストカード数枚とマグネットなどを購入しました。

朝の静かな村

お土産屋さん

宿泊したホテルの隣りにもポルトガルらしいかわいい雑貨や食器がたくさん置いてあるショップがあって品揃えも素敵なのですが、翌朝は10時前には開いてなくて行けませんでした。

大抵のお店は10時過ぎてからお店を開けるので、お土産を買うなら日中に買うことをオススメします。

去るのが名残惜しいモンサラーシュの村。朝の散策の時間を思いっきり堪能しました。

モンサラーシュの風景

村の近くにある陶器のお店

モンサラーシュ近郊に陶器の村があります。

朝食で使っている食器がすごく可愛かったので聞いてみたら、モンサラーシュから車で15分くらいのところに陶器の村で作ってもらったということ。

興味があると言ったら住所を教えてくれたので、チェックアウトした後に立ち寄ってみました。

『OLARIA PATALIM POTTERY』

Olaria Patalim Pottery

Olaria Patalim Pottery

Olaria Patalim Pottery

大きな倉庫内には陶器がところ狭しと置かれていて、どれも素敵。私もいくつか購入しました。

Olaria Patalim pottery

Olaria Patalim pottery

Olaria Patalim pottery

奥のほうでは、絵付けをしているアーティストの姿を見ることもできます。

隣りには美術館もあり私たちがじっくり見ている間にも、ここに直接買付にくる人たちも入れ替わり立ち替わり車で訪れては箱ごと買って出て行く姿を見かけました。

最後に

沈黙の村とも呼ばれているモンサラーシュ。ここで宿泊することでその意味がわかったような気がしました。

この村には住んでいる人は僅かで、ショップやレストランの方たちは城壁の外に住んでいて、ここへ仕事をするためにやって来るんだそうです。

何の音もしない朝と夜の静寂が、とても心地よくて、夏だったらテラスに出てゆっくり過ごすのもちょっとした贅沢な時間を過ごせます。夏にもまた訪れたい、そう思った村でした。

モンサラーシュの村

最後まで読んでくださりありがとうございました!
少しでも旅の参考になると嬉しいです。

2 Comments

Shane

おはようございます!
小ちゃくて可愛い街ですね!

お城からの夕暮れの様子は素晴らしいですね
ホント、日没の景色はさぞ素晴らしいでしょうね!

返信する
tamami

>Shaneさん
こんばんは(^^)。コメントこちらにもありがとうございます。
モンサラーシュは本当にかわいい、とても静かで美しい村でした。
こんな小さな街や村が好きだなあと改めて実感しました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください