zoom使い方まとめ

ネットショップBASEでオリジナルグッズを1個から作成する方法 – エコバッグを実際に販売するまでの手順を紹介!

BASEでエコバックを販売する手順

私はBASEを利用してネットショップを運営していますが、BASEを利用している主な理由は3つです。

  • 運営費が無料
  • 顧客情報や売上など管理が簡単
  • クロネコヤマトと連動している(アプリ追加)ので発送が便利

商品が売れたら手数料として6.6%+40円が差し引かれますが、今はメルカリなどの売買アプリでも手数料6〜10%はかかっているので管理も含めたら安いと思って利用しています。※メルカリの手数料は10%です。

BASEではショップと連携してオリジナルグッズを作って販売する機能があります。私もいくつか実際に作っています。

BASEでTシャツを制作オリジナルTシャツを1個から作成するならネットショップBASEが手軽でおすすめ!実際に作って販売するまでの手順を紹介

Tシャツ以外ではエコバッグやオリジナルバッグをオリジナルプリントjpと連携した機能を使って作っているので、ここではその手順を紹介します。

オリジナルプリントjpでエコバッグを含むオリジナルグッズを作ってBASEで販売するメリットは2つです。
  • 受注生産なので在庫を持たなくていい
  • BASEと連携しているので顧客管理がラク

逆に注意する点は以下の2つだと思います。

  • アイテムによっては個数1つの原価が高い
  • BASEで受注があった後に、オリジナルプリントjpで受注をすることを忘れないこと

この手順に慣れてしまえば在庫を持たないでいいというのはリスクが少なく済むので、個人的には大きなメリットだと思っています。

ネットショップ作成がたった30秒!

ネットショップBASEでオリジナルグッズ(エコバッグ)を販売する – 準備編

事前に準備するのは以下の3つです。会員登録は簡単で30秒〜1分あればできます。
  1. BASEの会員登録(無料)
  2. BASE内でアプリをインストール(無料)
  3. 各アプリ(下記番号3〜6)の会員登録(無料)と連携のための認証

BASE連携でオリジナルグッズを作るアプリは2020年6月時点で6つあります。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  1. Tシャツ
  2. スマホケース
  3. pixivFACTORY *イラストレーター向け
  4. monomy *アクセサリー制作
  5. オリジナルプリントjp  *オリジナルグッズ制作
  6. CANVATH(キャンバス)*スマホケースを中心としたオリジナルグッズ
今回はオリジナルプリントjpでエコバックを制作したので、それをサンプルに説明していきます。

アプリをインストールする前に会員登録(無料)を事前に済ませます。

アプリをインストールする手順

アプリをインストールするには以下の手順で行います。

BASEトップページのメニューからAppsをクリック

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

【商品を準備・作成する】カテゴリーから使うアプリを選んでクリック

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

私はオリジナルプリントjpでエコバッグを制作したので、オリジナルプリントjpを選んでいます。

利用中となっていますが、インストール前は【無料】と表示されます。

※”Apps内課金あり”とありますが、基本的な機能だけで十分です。私は課金して使う機能は使っていません。

オリジナルプリントjpアプリをインストール

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

インストールをクリックすると、オリジナルプリントjpのサイトへ飛ぶのでそこでも会員登録(無料)を行います。

登録後にBASEとオリジナルプリントjpを認証する画面が出てくるので【アプリを認証する】をクリックして認証します。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

BASEへのインストールはこれで完了です。

利用しているアプリはBASEの管理画面で左メニュー欄に表示されるので、商品を出品するときはアプリをクリックしてデザイン制作画面へ進みます。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

ネットショップBASEでオリジナルグッズ(エコバッグ)を販売する – 出品編

出品前(デザイン制作)の準備

オリジナルプリントjpでオリジナルグッズをデザインする方法は2つあります。

  • IllustratorやPhotoshopなどを使って自分でデザインする
  • アプリ内のデザインツールを使ってデザインする
アプリ内にはテンプレートも多いのでデザインツールを使った方が簡単です。

自分でデザインをする場合はあらかじめIllustratorやPhotoshopを利用して用意しておきます。デザインツールを使う場合は事前準備は特にありません。

デザイン制作から出品までの手順

オリジナルグッズをBASEに出品するまでの手順です。
  1. オリジナルプリントjpでアイテムを選ぶ(例:エコバッグ)
  2. デザイン
  3. 入稿方法を選ぶ(2つの方法がある)
  4. 入稿
  5. 仕上がりを確認
  6. 商品情報を入力&登録する


1. オリジナルプリントjpでアイテムを選ぶ

アイテムカテゴリ一覧から作りたいアイテムを選びます。

エコバッグを作りたい場合はバッグ・カバン・ポーチの中からコットン・ジュートを選択します。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

オリジナルプリントjpでは選ぶのに迷うくらいにエコバッグの種類が多いです。

選ぶときのコツは2つあります。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  • 1点の単価の値段で探す
  • プリント部分の範囲 を見る

BASEでは1点から販売可能なので1点あたりの単価でアイテムを探します。この単価は原価なので、販売価格はこの金額に利益分を上乗せします。

プリント範囲は広くなればなるほど金額も高くなるので(表と裏を両方でプリントする場合も高くなる)、安く販売したいなら一覧でプリント範囲が狭いものを最初から選んだほうが早いです。

MEMO
BASEと連携することで在庫を持つリスクはないですが、その代わりに1点では単価は普通高くなるのでBASEに出品するオリジナルグッズは1点でも複数でも単価が変わらないものを選ぶのがコツです。
アイテムを決めたら【アイテム詳細へ】をクリックします。私はカスタマーレビューでも評価が高く人気の12ozキャンパストートバッグ(M)を選びました。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

12ozキャンパストートバッグは厚手で頑丈なキャンバス生地を使っていて、1点でも10点以上でもあまり単価が変わらないので1点で制作するにはぴったりです。

2. デザインする

アイテムを決めたらデザインをしていきます。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

アイテム詳細→【デザインしてBASEで販売】をクリック

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

エコバッグの色を選択

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  1. エコバッグの色を選択(クリック)
  2. 選択済みになっていることを確認
  3. 次へ

画像では6色ありますが、アイテムによって色は限られます。

プリントの種類を選ぶ

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  1. プリントの種類を選ぶ(ここではインクジェットプリントを選択)
  2. プリントする箇所を選ぶ(ここでは表のみを選択)※片面しかプリントできない場合は片面だけが表示されます。
  3. 【デザインへ進む】をクリック

プリント方法一覧(オリジナルプリントjp)を確認する

3. 入稿方法を選ぶ

入稿方法は2つあります。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  1. デザインツールで入稿
  2. 完全データで入稿

アプリのデザインツールを使ってデザインする場合は【デザインツールで入稿】、自分でillustoratorやPhotoshopなどでデザインする場合は【完全データで入稿】を選びます。

4. 入稿する

入稿するということになっていますが、ここでいう入稿=発注ではありません。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

サンプルではあらかじめ用意しておいたAIで作成したファイルを選んでいます。

デザインツールで入稿する場合はツールやテンプレートを使って、自由にデザインしていきます。感覚としては年賀状作成ソフトのような感覚で簡単です。

デザインツールの使い方をみる

完全データ入稿規定をみる(IllustratorやPhotoshopでデザインする場合)

5. 仕上がりを確認

デザインしたものは左側にデザインが反映されるので確認&修正を繰り返します。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  1. デザインイメージ
  2. アイテム登録
デザインがOKであればアイテム登録へ進みます。

6. 商品情報を入力&登録する

BASEの商品ページに記載する内容を入力します。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

  1. 商品イメージを確認
  2. 商品名を入力
  3. 商品の説明文を入力
  4. 販売価格を入力
  5. 非公開で登録する場合はチェックを外す
  6. 出品登録
この後BASEの商品登録ページが表示されるので、細かい点を入力して終了です。

受注生産品なので受注から発送まで時間がかかることや素材など、必要なことを事前にわかるように書いておくことがコツです。

BASEでオリジナルグッズ(エコバッグ)を販売する手順まとめ

BASEに出品すると以下のように表示されます。

BASEでオリジナルグッズを販売する手順

BASEとオリジナルプリントjpを連携して販売することの最大のメリットは、受注生産なので在庫を持たなくていいことだと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも参考になると嬉しいです。

無料でネットショップが始められる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください