春から初夏にかけてのおすすめフランス

パリの治安を知って安全に楽しく観光を!パリ市内主要観光地エリアの治安と対策

パリ・セーヌ川の風景

私は元オランダ在住者でフランスやヨーロッパの他の国にも何度も行っていますが、ヨーロッパの大都市はスリはいて当たり前だと思っているし実際にそうだと実感することが何度もありました。

パリはとても美しい街で観光客も多いですが、残念なことにスリや強盗などの犯罪も多いです。

スリが多いことを知っているので気をつけていたにもかかわらず、夫はパリのメトロでスリ未遂に遭いました。

スリならまだしもパリではエリアによって強盗なども多発しています。

避けたほうがいいエリアは18・19・20区と北駅周辺です。

ここではパリの治安について紹介していきたいと思います。

宿泊するホテルを選ぶときなどの参考にしてください。

パリ主要観光地エリアとパリの治安

パリの治安はセーヌ川を境として、セーヌ川右岸(北側)とセーヌ川左岸(南側)で治安が違うと言われています。

パリ セーヌ川

避けたほうがいいエリアは18・19・20区と北駅周辺

治安的に不安で避けたほうがいいと言われているエリアは18区・19区・20区と北駅付近(10区)です。このエリアは昼間でも近づかないほうがいいエリアです。

パリの観光マップ

地図の引用元:Travel Maps

18区には『モンマルトルの丘』が、20区には『クリニャンクール(蚤の市)』があります。

クリニャンクール

私は20区にあるクリニャンクールに行ったことがありますが、行ってすぐに後悔しました。駅は怖くなかったですが蚤の市にたどり着くまでがシャンゼリゼ通りとは違う異質な雰囲気でした。

オット

映画で見たアフリカの市場の雰囲気だった。周りの黒人は皆背が高くて怖かった。

18・19・20区と北駅付近は移民も多く治安もあまりよくないので、観光はもちろん初めてのパリで宿泊する場所としては避けたほうがいいです。

18区にあるモンマルトルはキレイで人気のある場所ですが、女性の1人歩きも避けたほうがいい場所です。パリに住んでいる友人(フランス人男性)も言うから絶対です。

私自身もフランスへの旅行はわりと慣れていますが、慣れているからこそ治安が悪いと言われている場所には絶対行きません。

比較的治安がいい場所

治安がいいと言われているのは、セーヌ川左岸の5区・6区・7区・8区、16区の富裕層が多く住んでいるエリアです。

パリオペラ座付近

観光客狙いの犯罪には気をつけたほうがいいですが、比較的安全なエリアです。

ホテルを予約するには高い地区ですが多少高くても安全なエリアを選んだほうがいいです。

オット

オレはいつも7区の凱旋門近くのホテルで予約してるぜ(理由は空港バス乗り場が近いから)。

実際に宿泊してよかったおすすめホテルについては以下の記事を参考にしてみてください。

初めてのパリのホテル選びパリの安全で便利なおすすめホテルを紹介!渡仏歴10数回トラベラーが実際に泊まった空港バス乗り場が近いホテル4選

シャルル・ド・ゴール空港からのRER B線

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内へ移動するときの移動手段の1つに鉄道RER B線があります。

このRER B線は治安が悪いと言われている地区を通って行くため、窃盗や強盗の報告多く日本大使館に寄せられています。

以下は一例ですが、在フランス日本大使館ホームページの詳細をみると毎月1〜2回はRER線で強盗の被害が起きています。

私たち2人は電車の真ん中に席をとり、スーツケースを間に挟み迎えあわせに座りました。私は奥の窓側に座りました。友人と話している所、大きな男の人が突然前に現れて(どうやらこの駅で乗り込こんできたようです)、あっというまに私のバッグをひったくろうとしました。
しかし、バッグは肩から下がっていて簡単に取ることはできません。そのままその男はバッグではなく私を引きずりながら、電車から無理やり降ろしプラットフォームに引きずりながら連れ去りました。(以下略)

引用元:在フランス日本国大使館ホームページより

空港からパリ市内への移動は空港バスが一番安全です。

LE-BUS Directシャルル・ド・ゴール空港(CDG)からパリ市内への移動はバス(LE-BUS Direct)が安全でおすすめ!

パリのメトロ

パリのメトロはスリがいて当たり前だと思ったほうがいいです。

特に多いのはルーヴル美術館など観光名所も多い1番線です。

パリメトロ1番線パリ・メトロで実際にスリ集団を目撃!スリに遭わない対策を渡仏歴10数回トラベラーが紹介

パリ主要観光地エリアとパリの治安まとめ

パリの治安について紹介しました。

私自身はオランダに住んでいたときにトラム乗り場で強盗に遭ったことがあります。

アムステルダムの運河オランダ・アムステルダムのトラム駅で強盗に遭った経験から学んだことと対策を紹介

オランダのアムステルダムはスリが多いと言われていますが、アムステルダムとパリのどちらも実際に行ったことのある私自身はパリのメトロ(地下鉄)のほうがよりスリが多いと感じます。

スリに遭わないようにするには現金をあまり持たないことが大切です。私は常に分散してできるだけクレジットカードを使うようにしています。

海外旅行の盗難対策ヨーロッパ旅行で想定されるトラブルのまとめ – 海外旅行の盗難防止や対応策を実体験に基づいて紹介!

最後まで読んでくださりありがとうございました!
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください