zoom使い方まとめ

2020年1月に中国で発生したコロナウイルス(Covid-19)による新型肺炎の影響で海外旅行にどう影響があったのか?対策の記録とまとめ

コロナウィルスによる影響のため海外旅行への対策

2020年1月半ばに中国・武漢で発生したコロナウィルス(Covid-19)は1月時点では予測がつかないくらいの感染拡大となり、4月20日時点で世界で240万人近い感染者が確認されています。※ジョンズ・ホプキンス大学の記録より

この記事は1月から4月半ばまでの状況を綴った記録です。

  • 1月半ば過ぎ 中国・武漢でコロナウイルスが発生したという報道
  • 2/24(記事を書いた日) ヨーロッパへの渡航レベルは2 (不要不急の渡航はやめてください) ※過去にフランスを含む西欧はレベル3になったことはない。
  • 3/16 フランスがEUと非EUの入国を30日間禁止措置を取る→以後継続中
  • 3/17 フランスでパリを中心にロックダウン開始→4/20時点で継続中
  • 3/24 外務省がヨーロッパ(フランスを含む)への渡航レベルを3(渡航中止勧告)に引き上げる
  • 4/1 日本政府が外国人入国規制強化を決定

コロナウイルスによる新型肺炎が流行の兆しを見せていた2/24時点では、4月半ばに予定していたフランス行きに影響が出るとは思いもしませんでした。

コロナウィルスによる影響のため海外旅行への対策

こんなことは滅多に起こらないですが、私たちは念のために加入した海外旅行キャンセル補償により返金不可のホテル予約などは補償されることになりました(4/20時点)。

旅行キャンセル補償の請求書き方サンプル旅行キャンセル保険って?どんな場合に請求できるのか、コロナウィルスによる影響でキャンセルした旅行の保険を実際に請求した事例を紹介 *サンプル付き

感染症が広まる兆しを見せていた時に私たちが気にしたことは2つです。

  • 旅行中に渡航禁止になった場合どうするのか(入国・帰国できるのか)
  • 出発前に旅行をキャンセルしたら払い戻し料金はあるのか

今回に関してはウイルスが発生したのが中国だったため、渡航先でのアジア人差別も気にしていました。

2月時点ではこの3つが気になっていましたが、3月半ばに入ってからは感染者数の多さに自分がコロナに感染するリスクもあると思い始めました。

また世界的に感染が広まった場合には以下のことも気にする必要があります。

  • 国によって渡航中の制限がある(健康状態の報告義務、医師からの健康診断書要、入国後2週間の自粛など)
  • 帰国後に2週間、隔離されるかもしれない
  • 自分は症状が出ずに誰かにうつすかもしれない→メディアで叩かれる

コロナウイルスのようなまだ得体の知れないウイルスは健康で免疫力もあれば自分は大丈夫かもしれないけど、身近にいる高齢者に感染させることも個人的には怖いです。これは世界の人たちが同じように感じることだと思います。

アメリカは対応が早くて、2月に入ってすぐに中国路線を3月には欧州路線のフライト運行停止を発表しました。

トランプ氏、欧州からの渡航を30日間停止 新型ウイルス対策 *3/12

米航空各社、中国便の運航停止を4月下旬まで延長 新型肺炎で – ロイター通信より

中国との航空路線を運休・減便する動きが各国・地域に波及 – JETROより

※2/27以降の情報は本文内に記載しています。

オット

アメリカでは疫病予防センター(CDC)が3段階、国務省が4段階で渡航禁止などの判断を出すアラートを発表しているからそれを参考にするといいよね。

米、日本渡航警戒引き上げ 新型肺炎で1段階 – 共同通信

夫が2月末にアメリカ出張したときも少しは不安でしたが、今の状況に比べたらまだまだ大丈夫な段階だったと思えます。

海外渡航を予定している場合にできることは3つかなと思います。

  • 正しい状況を把握する
  • ウイルス感染リスクの予防と対策をする
  • リスク対策をしておく

夫は2月末にアメリカへ出張しましたが、その時はアメリカが中国へのフライトを停止した時の航空会社の対応をまず確認しました(日本も同じようになる可能性があるため)。

現時点ではヨーロッパが一番の感染拡大となっているので、ヨーロッパへの渡航を予定している場合は各国の大使館から情報を得た方が早いです。※後述します。

またこれまでの経緯を知ることで他の国の場合も多少の予測と判断ができると思うので、一例として参考にしてみてください。

ここではウイルス拡大による影響が世界規模で起きた時、渡航についてどう考えるのかどう対応したのかをまとめました。※個人的な考えになるため、あくまでも参考程度として各自の渡航可否の判断は自己責任でお願いします。

コロナウィルス(COVID-19)による新型肺炎の影響で海外渡航をどう考えたのか

コロナウイルスによる新型肺炎が世界的に流行している中、海外渡航を予定している場合にできることは冒頭にも書いた3つです。

  • 正しい状況を把握する(正しい情報を得る)
  • ウイルス感染リスクの予防と対策をする
  • リスク対策をしておく(保険加入など)
コロナウイルス(COVID-19)のような新しいウイルスはワクチンがまだなかったり得体がしれないがためにデマを含めていろんなニュースが飛び交っていて、どれが正しいのか把握することは難しいです。

海外渡航を予定している場合は、実際に起きている状況を把握した上ででき得る対策をするしかない(自己責任)と思っています。

航空会社各社や世界の状況

これが全てではありませんが各社の情報を記載します。

外務省渡航情報ホームページでは情報の更新は少し遅めですが、入国制限を行なっている国を確認できます。

新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限)

日本から制限がある国は外務省のサイトで確認できます。

外務省海外安全ホームページで感染症危険情報をみる

外務省のたびレジに予定している旅行の内容を登録すると、渡航先の情報やアドバイスが逐一届きます。

外務省たびレジをみる

渡航先の大使館ホームページでも状況を確認できます。※こちらではフランス大使館のサイトのリンクを貼ります。

在日フランス大使館オフィシャルサイト

アメリカの疫病予防センター(CDC)と国務省のアラートも参考になります。

※CDC(アメリカ疫病予防センター)アラートではレベル3になると渡航禁止。
※国務省のアラートではレベル4で渡航禁止。

CDC – Centers for Desease Control and Preventation(英語)

Travel State Goverment(国務省)

アメリカをはじめとする各国は中国からの入国制限をしているだけでなく、フライト路線自体を運行停止にしました。

世界の航空大手、中国便の運航を相次ぎ中止 中国東方航空も米国便欠航 – CNN Newsより(2/4発信)

米航空各社、中国便の運航停止を4月下旬まで延長 新型肺炎で – ロイター通信より(2/12発信)

中国との航空路線を運休・減便する動きが各国・地域に波及 – JETROより(2/5発信)

2/27以降の追記:

Coronavirus: Europe plans full border closure in virus battle *3/17

フランスも全土外出制限 新型コロナと「戦争」訴え *3/17

トルコ 欧州9国からの入国を停止 感染拡大防止で *3/14

欧州で外国人入国禁止の動き ポーランドとデンマークでも *3/14

新型コロナウイルス感染拡大に伴う各国の入国条件変更状況について(ANA) *3/13

フランス、全国一斉休校を発表 新型コロナ拡大抑制へ *3/13

トランプ氏、欧州からの渡航を30日間停止 新型ウイルス対策 *3/12

新型コロナウイルスの影響で海外旅行をキャンセル、既に買った航空券は返金される? *3/9

“新型コロナ”アメリカが日本を“入国拒否”対象に!?…観光地ハワイは戦々恐々 *3/5

新型コロナウイルスの流行、「未知の領域に」=WHO *3/3

新型コロナで春の旅行「中止」「中止検討」6割に 「中止せず」も4割 それぞれの理由は *3/2

搭乗拒否された…新型コロナの影響で日本から海外に行けなかった話 *3/1

米、韓国や伊への渡航中止勧告 米国内で初の死者も – 共同通信 *2/29

米トランプ大統領 入国禁止措置は “2、3の国について検討”(NHKニュース)*2/29

ユナイテッド航空、成田便の多数を一時運航停止へ*2/29

デルタ航空は韓国、イタリア行き航空券を手数料なしで対応(英語)*2/26

デルタ航空は2/29から4/末までミネアポリス – ソウル線の運行停止を決定(英語)*2/25

アメリカの航空会社3社は韓国行き航空券購入者に手数料なしでキャンセルや日程変更(英語)

各航空会社の払い戻し対応については以下が参考になります – 2/18更新

航空会社各社のコロナウィルスによる払い戻しへの対応状況(英語)

※KLMオランダ航空は日本を含むアジア方面の3月末までの出発の予約を手数料なしで払い戻しの対応としました。

コロナウィルスによる航空会社各社の対応

感染者数マップのリアルタイムは以下から確認できます。

ジョンズホプキンス大学感染マップ(英語)

中国路線を停止した時の航空会社の対応と状況はどうだったのか

これは一例です。

夫の2月末のアメリカ出張はデルタ航空で予約していました。

デルタ航空ビジネスクラス デルタ・ワン スイート搭乗体験記スカイマイルのマイレージを使ってデルタ航空ビジネスクラス(デルタ・ワン)へアップグレードする方法と手順を実例から紹介!

ウイルス拡大やデモのように先の状況がどうなるかわからない場合は、こうしたら絶対いいというような確実な答えを得ることはできないし誰にも答えはわかりません。

それは航空会社も同じで、できることは過去にどうだったのか情報を集めて自分で判断するしかないです。そしてそれは全て自己責任だと思っています。

なので夫はアメリカが中国へのフライト停止を発表した時に航空会社は実際にどうしたのか、予約をしているデルタ航空へ確認しました。

アメリカが中国行きの渡航制限やフライト運行停止にすると発表した後も、1週間ほどはフライトは飛んでいた。

航空会社は往復航空券を買っている場合には輸送する義務があると約款にも定められているため、乗客を輸送する最大限の努力を行います。

戦争やストライキなどの例外もあるため、利用する航空会社の約款には一度目を通しておいた方がいいと思います。

デルタ航空の約款を確認する

ちなみに夫の場合、出発前日にデルタ航空に確認した内容は、

  • アメリカが入国禁止を発令しない限りはキャンセルすればキャンセル料がかかる
  • 万が一到着後に入国禁止となった場合は振替の対応をする

ということでした。

アメリカ行きの渡航をどう判断したのか→結果的にはギリギリOKだった

ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルで貯めるメリット

夫の場合は、現時点での状況から万が一渡航中に日本へのフライト停止が発表されたとしてもギリギリ帰れるだろうと判断しました(ギリギリ大丈夫で帰国しました)。

また気になっていた点も一応確認しました。

  • マイレージを利用してアップグレードした場合:自分の都合で72時間以内にキャンセルする場合はマイルは戻らないが、国都合の場合はマイルは戻る可能性が高い(通常は72時間以内のキャンセルはマイルは戻らない)
  • 往復の航空券を持っている場合、渡航中に中止と発表された場合でも航空会社が帰国するための振替便等の手配を行う
デルタ航空ビジネスクラス デルタ・ワン スイート搭乗体験記スカイマイルのマイレージを使ってデルタ航空ビジネスクラス(デルタ・ワン)へアップグレードする方法と手順を実例から紹介!

海外渡航時の対策(持って行ったもの)

渡航先では差別を受ける可能性があるのと、日本でもリスクは同じですが人混みでウイルスをもらう可能性も考えて、

  • 除菌ティッシュ
  • マスク
  • 風邪薬(葛根湯、処方された風邪薬)
  • のど飴

この4つは通常の海外旅行でも持参していますが、必須で持って行きます。

マスクに関しては海外(特にフランス)ではマスクをする=疫病などの病気がある人と見られる傾向があるため、マスクを着用している人をあまり見かけません。

渡航先で差別を受けないようにするには、状況を見て判断してマスクの着用を決めた方がいいです(そのために一応マスクは持っていきます)。→アメリカ・シカゴでは全く差別は受けなかったしマスクしている人もいなかったそうです。

オット

仕事で行ったから観光スポットには行ってないけど、シカゴの中心部では日本人観光客はほとんど見かけなかった。

機内は乾燥しているので今回に限らずですが、のど飴は予防を含めて必須です。

葛根湯は我が家では風邪のひき始めの常備薬としていますが、海外旅行に持って行く場合は液体物なので機内持ち込み手荷物にはできない点が注意です。
海外旅行持ち物リスト海外旅行の持ち物リスト全てを紹介&徹底解説!*写真付き 機内持ち込み液体物(国際線)図解で紹介!国際線で機内持ち込みできる液体物の制限とパッキングの方法

夫の場合は仕事でアメリカへ行くので、レストランなど人が集まる場所はできるだけ避けてコンビニや非常食を持参して食事はホテルの部屋で済ませたそうです。

アルファ米おにぎり海外旅行の達人たちに聞いた!食事にストレスを感じないために海外旅行に持っていく非常食

海外渡航時の対策(事前にできること)

事前にできる対策は3つかなと思います。

  • 最新情報を集めておく
  • 体の免疫力を上げるための食事を普段からしておく
  • 万が一のために海外旅行傷害保険に入る(旅行キャンセル保険)

アメリカやヨーロッパなどは日本を入国禁止措置を取った場合はメディアでも取り上げると思いますが、外務省のサイトにも記載されるのでチェックします。

各国における新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況

個人的には渡航前にできる対策の一つとして、体の免疫力を上げるための食事に気をつけておくことも必要かなと思っています。

オット

体の免疫力を上げる食事を普段からしておくことは、できることの一つだと思う。

海外旅行傷害保険に関しては私はヨーロッパ行きの場合は必ず単体で加入しますが、夫の場合は先日デルタスカイマイル提携のクレジットカードに入会したので付帯の海外旅行傷害保険補償で十分だと思ってます。

クレジットカード付帯の保険で大丈夫だと思いましたが、やはり心配だったのでいつものように単体で海外旅行傷害保険に加入してもらいました。
海外旅行傷害保険で高い補償に入る航空券とホテルを単独で手配しているトラベラーが海外旅行傷害保険の高額補償プランに加入したいときは?申込み方法を実体験から紹介

クレジットカード付帯の保険と単体で加入する保険の違いは立て替えの有無と適用範囲で、単体で加入していれば自分で立て替える必要がなく補償額も大きいです。

海外旅行傷害保険は保険会社の保険がオススメの理由海外旅行傷害保険はクレジットカード付帯保険よりも単体で加入するほうが安心!の理由と補償内容を選ぶポイントを実例から紹介 ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルで貯めるメリットヨーロッパ行きが多いトラベラーが選んだ提携クレカはデルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカード!選んだ理由と経緯を紹介します

私たちは4月末に予定したフランス行きの旅行保険を、3月始めの段階で早々に加入しました。

海外旅行傷害保険に単体で加入するときに【旅行変更費用補償】にオプションで加入している場合は、渡航中止になったときには該当する費用が補償されます。→実際に補償されました。

旅行変更費用補償海外旅行傷害保険にある【旅行変更費用補償】【旅行キャンセル費用補償】とは?ウイルス流行など突然の旅行キャンセル(渡航中止・入国制限)に備える
外務省から発せられる危険情報がレベル3以上になる前に加入しないと補償されないので注意です。

キャンセルする場合は(主要航空会社の状況)

航空会社都合による運行停止は払い戻しや変更が可能になりますが、ウイルス流行が理由であっても渡航禁止にならない限りはキャンセルをすればキャンセル料がかかります。

状況を把握した上で自己判断するしかないと思います。

航空会社によって対応が異なるので予約している航空会社や旅行会社に確認します。

航空会社各社のコロナウィルスによる払い戻しへの対応状況(英語)

飛行機、新幹線、高速バスの新型コロナによるキャンセル・変更対応。交通機関によって大きく異なるので注意(Yahoo!ニュース)*3/5

新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について(ANA)*3/9

新型コロナウィルス拡大に伴う国際線航空券の取り扱いについて(JAL)*3/12

 

KLMオランダ航空は日本を含むアジア方面の3月末までの出発の予約を手数料なしで払い戻しの対応としました。

コロナウィルスによる航空会社各社の対応

私たちが利用する予定だったKLMオランダ航空/エールフランス航空は、最終的にはキンセル不可だった航空券を1年間有効のバウチャーへ変更可能となりました。

先が読めない状況下では航空会社も対応をその都度変えているので、キャンセルをするタイミングが大事だと感じました。

出発時の空港やアメリカではどんな状況だったのか

搭乗時間が迫る時間帯はそれなりに人がいるはずなんですが、2月末の出発時の羽田空港国際線はガラガラだったようです。

羽田空港国際線 コロナウィルスによる影響

オット

直前にキャンセルがけっこうあったと航空会社の人は言ってた。

アメリカ(シカゴ)では日本人はあまり見かけなく、とはいえアメリカ人からの差別もなく見た目は平和だったそうです。

まとめ

コロナウイルスによる新型肺炎が大流行し始めた1月末から4月20日までの状況をまとめました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。
この記事が少しでも旅の参考になると嬉しいです。

海外旅行の盗難対策女性海外ひとり旅は特に注意!ヨーロッパ旅行で想定されるトラブルのまとめ – 海外旅行の盗難防止や対応策を実体験に基づいて紹介! フランスでストライキが起きたらやることフランス旅行前に【鉄道(フランス国鉄/SNCF)・バスの公共交通機関など】ストライキ(Grève)に遭遇したらやること ヨーロッパ行きでもデルタスカイマイルで貯めるメリットヨーロッパ行きが多いトラベラーが選んだ提携クレカはデルタスカイマイルアメリカン・エクスプレスゴールドカード!選んだ理由と経緯を紹介します

2 Comments

アバター yumiko

今回のような新型ウィルスによる感染拡大は、過去にあまり例がないことなので対応が大変ですよね。
私自身、3月7日発のイタリアフリーツアーを予約していましたが、出発5日前にイタリアの感染者数が1000人を超え外務省の危険レベルが2に引き上げられたので、旅行会社からツアーキャンセルの連絡が入りました。
旅行代金は全額返金されるとのことで安心しています。
本当にこういうギリギリの段階で出発?キャンセル?と日々悩んでいる方は多いと思います。
tamamiさんからの情報は貴重でありがたく、これからも情報の発信をよろしくお願いします。

返信する
アバター tamami

yumikoさん、コメントありがとうございます。
内心どうされたんだろうと気になっていたので、(旅行キャンセルは残念ですが)旅行代金は全額返金されるということを伺い安心しました!

旅行を予定していたらギリギリまで気になりますよね。。私自身もGW前に旅行を予定しているので情報は今後も追っていくつもりです(ヨーロッパ中心になると思いますけど。。。)。他の方はどうだったのか気になる方も多いと思うのでyumikoさんからの情報も参考になりました(^^)。ありがとうございます!

返信する

yumiko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください